「分かりやすさ」と情報操作

 以下の図は、ここ数年間の大阪の有効求人倍率の変化を、「分かりやすく」グラフにしたものである。 
 
求人-大阪維新


 この図を見れば、
  ①大阪の求人倍率が他府県から突出して改善していること
  ②特に、ここ2年の間に急激に改善していること
が一目で「分かる」。

 ところで、次の図も、やはり、大阪の有効求人倍率の変化に関するグラフである。
 
求人-実態

 どちらの図も、同じ統計データ【職業安定業務統計(厚労省)】に基づくものである。

 ご覧のとおり、最初のカラーの図を見ると、大阪が有効求人倍率で、トップに立っているように「見える」。ところが、次のモノクロの図を見ると、東京、愛知などは、大阪よりも有効求人倍率は遙かに高いことが分かる。どちらが、真実を伝えているかは、明白である。

 もちろん、「分かりすさ」を追究するためには、元の情報を全て再現するのではなく、必要に応じて取捨選択することが必要である。また、元の情報を、そのまま再現するのではなく、「分かりやすく」加工することが必要になる場合もある。

 だが、情報の取捨選択、情報の加工は、やり方によっては、上記のように、「恣意的」「御都合主義」ととられかねないものである。

 最初の図は、【大阪維新の会】のもの、二番目の図は、【特集 「大阪都構想」の大嘘.適菜収+新潮45取材班】に掲載されたものである。

 情報の取捨選択、加工は、「分かりやすさ」のためには不可欠であるが、行きすぎると、「詐欺」と言われかねないということである。大阪維新の会の橋下代表は、話を「分かりやすく」伝えることにかけては天才的な能力を有しており、彼の手法には学ぶべきところがあるのだが、上記のような「操作」は、もはや限度を超えており、詐欺師呼ばわりされてもやむを得ないだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR