司法書士試験の受験中止の条件 37.5度以上(平熱比1度以上)の発熱

 【Schulze BLOG】に、法務省が発表した【令和2年度司法書士試験における 新型コロナウイルス感染症への対応について】という文書が掲載されている。

1 新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる次の事項に該当する方は,当日,受験を控えていただくようお願いします。
 また,会場に来られた場合でも,同事項に該当すると認めた場合には,受験中止をお願いすることがありますので,あらかじめ御了承願います。
37.5度以上平熱比1度以上)の発熱が確認された方
② (後略)


 受験中止となる体温に関する基準が、「37.5度以上」と書かれ、その後ろに、括弧書きで「平熱比1度以上」と書かれている。

 一体、どいうことか?

 当日の検温で「37.5度以上」か否かが決め手ではないのか。検温は「一応のもの」で、要するに「平熱比1度以上」だと受験できないのか。それとも、検温結果が「37.5度以上」で、かつ、それが「平熱比1度以上」の場合に受験できないのか。あるいは、検温結果が「37.5度以上」か、または、検温結果が「平熱比1度以上」の場合に受験できなくなるのか。

受験中止
 受験中止を赤、受験可能を緑で示した。

 おそらく、法務省の真意は、①であり、次のように考えて、上記のような表現になったのだろう。

平熱比1度以上であれば、新型コロナウイルスに感染している可能性が高い。
従って、本来なら、平熱比1度以上なら受験中止とすべきである。
しかし、「平熱比1度以上」としても、平熱は自己申告に委ねる外なく、基準とするのは適切でない。
そこで、やむなく、当日の検温で「37.5度以上」なら一律に受験中止とする。


 だが、そういうことなら、基準として、単に「37.5度以上」と書けば足りる。

 基準と、その基準が設けられた実質的な理由を、同時に示すから混乱するのである。基準は基準として、それだけを明示し、その上で、実質的理由を説明したければ、注釈として、実質的理由を書けばいいのである。

----- 追記 2020.7.21 -------------------------------------------------------------------
 
 ディズニーランドの【スプラッシュ・マウンテン】では、利用者の安全確保のために、利用に際しての身長制限を設けて、「90cm以上OK」としている。

 もし、「90cm以上OK(安全に利用できる方)」などとしていたら、85cmの子を連れた親から「うちの子は小さいけど身体能力は高いから大丈夫だ」などとねじこまれかねず、現場のキャストは大変だろう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
素材、分野別の表示
★ 下記の言葉をクリックすると、関連記事が表示されます。

図書館 官公庁 修飾関係 大学 将棋 司法試験 配置の一致 色彩 外来語 IT マスコミ 論理の飛躍 時間 英語 グラフ 政界 法曹界 地図・案内図 スポーツ 原発 学校 錯覚 NHK 主語述語 京大 言葉の意味 エクセル インターネット 一般企業 東大 指示語 読点 テレビ テレビ朝日 地方自治体 法律 家電製品 裁判所 

プロフィール

「時間泥棒」仕置人 (改称予定)

Author:「時間泥棒」仕置人 (改称予定)
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク