防護服の代替として集めた雨が・・・

 【大阪吉村知事と松井市長のコロナパフォーマンスに現場混乱 日刊ゲンダイ 2020.4.23】という記事に、こんな一文があった。
 

防護服の代替として集めた雨がっぱも注目されたが、美談だけではない。


 「雨が」のところまで読んだ時点で、「雨水が防護服の代替になるのか?」という疑問を生じた。

 もちろん、すぐ先を読めば、「雨が」で切るのは誤りで、次の二文字を合わせて「雨がっぱ」と言うことは分かる。

 普段なら、数文字くらい先読みをしているので「雨が」で区切ることもないはずだし、「防護服の代替」とあるので、それに適した物だろうという想定のもとに読み進めるので、「雨水」などとは考えないはずなのだが、このときは、花粉症の薬を飲んで頭が働いていなかったこともあり、こんな誤読をしてしまったのだ。

 だれもが、いつでも、頭がクリアな状態で読むわけではないのだから、極力、誤読の可能性を少なくする表現が求められる。

 「雨がっぱ」は「雨合羽」と書けば誤読の余地はない。一つの単語を「漢字+ひらがな」で書くから、誤読の可能性が出てくるのだ。

 さらに、「雨がっぱ」の場合、「が」が助詞としての意味を持つことも、誤読を促進した要因である。

 「雨おと」「雨ぐつ」なら、「お」や「ぐ」は助詞としての意味はないので、「雨お」や「雨ぐ」で区切ろうなどとは考えないので、誤読の可能性は遙かに低い。

 とはいえ、名詞は、漢字かな交じりにせず、常に漢字だけで表記すべきである。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
素材、分野別の表示
★ 下記の言葉をクリックすると、関連記事が表示されます。

修飾関係 大学 将棋 司法試験 配置の一致 色彩 IT 外来語 官公庁 論理の飛躍 マスコミ 時間 英語 グラフ 政界 法曹界 地図・案内図 スポーツ 原発 学校 錯覚 NHK 主語述語 京大 言葉の意味 エクセル インターネット 一般企業 東大 指示語 読点 テレビ テレビ朝日 地方自治体 法律 家電製品 図書館 裁判所 

プロフィール

「時間泥棒」仕置人 (改称予定)

Author:「時間泥棒」仕置人 (改称予定)
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク