I am not a lowyer.

 ノーベル物理学賞に決まった中村修二氏が受賞発表後の記者会見で、研究の原動力は何かと尋ねられて、「アンガー(怒り)」と答えたという【毎日新聞 2014.10.18】。

 受賞記者会見で、こういった発言をしたことについては、品位を欠くといった意見もあるようだが、何かをなすにあたって「アンガー(怒り)」が原動力の一つになることは間違いないだろう。

 かくいう私も、ノーベル賞級の研究とは比ぶべくもないが、このブログを書く原動力の一つに、「アンガー(怒り)」があるのは間違いない。

 どうして読み手のことを考えずに、こんな無神経な文章が書けるのか。そう思うことが多いのである。こんな分かりにくい文章のために、どれだけの数の読み手が無駄な時間を費やしたり、ストレスを感じたりしているのだろう、と思うのである。

 自分は常に読み手のことを考えて、「分かりやすい文章」を書くために時間を労力を費やしているのに、他方で、「分かりにくい文章」を読まされるために、そこでも時間と労力を費やさなければならない。こんな割の合わない話はないではないか。こう考えると、無神経な書き手に対し、「怒り」が込み上げてくるのだ。

 そうは言っても「怒り」を抱えているだけでは何にもならない。「無神経な書き手」を「配慮ある書き手に」にするために頑張る他はない。そう思って、このブログを始めたのである。だから、このブログの右端の「プロフィール」欄に書いていることこそ、私の願いなのである。
 

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。


 ところで、このブログに取り上げる素材は、幸か不幸か尽きることはない。

 「分かりにくい文章」には、いくつかの類型があるが、なかでも私の「逆鱗」に触れるのは、外国語、外来語の多用である。実際、このブログを始めるきっかけになったのは、外来語が満載の文章だったのである【フランチャイザーのフランチャイジーに対する債権を担保するために、フランチャイジーからフランチャイザーに対して・・・】。

 今日も、とある事務所のウェブサイトのメニューで、下記のような記載を目にした。

 Home
 WORKS
 PROFILE
 EVENT
 CLIENTS
 RECLUIT


 本文は日本語で書かれているのであるから、日本語を解する人を前提にしているのは間違いない。だったら、メニューも日本語で書けば足りるのである。

 それを、英語の方が「かっこいい」「お洒落」という、英語を習い始めた田舎の中学生並みの感覚しか持ち合わせていないから、こんなところで英語を使ってしまうのであろう。中学時代にやり取りした年賀状を見返してみると、私も含めて私の周囲が、いかに英語を崇拝していたのか想い出され、思わず赤面してしまう。

 使っている単語自体は、平易な英単語であるから、理解できないわけではない。だが、日本語を母語とする人を相手にしているウェブサイトである。日本語で書けばいいではないか。ことさら、アルファベットを使ったために、読み手は無駄な神経を使わされるのである。

 しかも、みっともないのは、自分では洗練したウェブサイトだと思っているのだろうが、「RECLUIT」などという英語もどきの言葉を書いているのである。ろくに英語もできない中学生が背伸びして英語を使っているようで、みっともないこと、この上ない。

 法律事務所のウェブサイトや名刺でも、「弁護士」のつもりで「Lowyer」と書かれたのを見たことが一度ならずある。こんなことをやっていたら、「変態」とか「馬鹿外人」といった漢字が大書されたTシャツを着て喜んでいる外国人を笑ってなどいられないではないか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR