拘束時間の可視化

 法廷ではおなじみ光景であるが、裁判官が次回期日の候補日時を言うと、双方の代理人の弁護士から、「結構です」「差し支えです」といった返事が返ってくる。双方の弁護士が揃って「結構です」と言わない限り、裁判所は、次の候補日時を提示する。

 これも、もっと効率的な方法はないかと思わないではないのだが、その点は、また、後日ということにしよう。

 困るのは、端的に「差し支えです」と言えば足りるところを、「その日は、朝から大阪地裁へ行って、昼から奈良で調停がありまして・・・」と自分の予定を延々と説明する人である。誰も、その日、その弁護士が、他のどこで仕事をしていようが、そんなことに関心はない。裁判所と相手方弁護士の関心は、裁判官が候補とした日時を期日として請けることができるか否か、ということのみである。

 自分が忙しい弁護士だということを誇示したいのか、あるいは、何でも理由を付けなければ気がすまない性格なのか、いずれにせよ、余分な情報を付け加えて時間を無駄にするだけであり、迷惑な話である。

 ときに、こんなのもある。「ええと、午後から神戸で弁論が入っていますので、戻ってくるのに、1時間、いや、1時間半はかかるかと思いますので・・・」と、自らの思考の過程を開示してくれるのだ。聞いている方は、神戸から間に合うか間に合わないか、さっさと自分で判断してほしいのだが、ときには、裁判官が助け船を出して、「それでは、30分ずらして・・・」ということもある。

 こんなのも、自分の責任で、何時なら京都地裁の期日に出席できるか判断して、例えば、「3時以降なら大丈夫です」とか言ってくれれば話が早いのである。

 ただ、スケジュール帳に、期日の日時しか書いていないと、遠方の裁判所の予定の前後は、何時なら期日が入れられるかは、即答できない。私は、そんなことにならないよう、遠方の裁判所の予定を書くときは、往復の時間も分かるように記載している。たとえば、こんな具合だ。

スケジュール


こうしておけば、何時の期日なら請けることができるのか、即答できる。

 こういうことが即答できるということは、裁判所に対しても、相手方代理人に対しても、無駄な待ち時間を使わせないという点で、結構なことである。もちろん、本人にとっても無駄なことに頭を使わなくてすむのだから、こんないい方法はない。

 このように移動時間も含めてスケジュール帳に記載しておけば、裁判所の期日だけでなく、事務所での面談その他の予定を入れるときにも、非常に便利である。移動時間を考慮せずに複数箇所で予定を入れてしまって、当日になって、「どこでもドア」がほしくなると言った事態を避けることができるのである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR