エレベータの開閉ボタン


 エレベータの開閉ボタンである。

矢印ボタン

 ふだん見かけるのは、左の図で、右の図は、私の創作だ。

 エレベータで開閉ボタンを押すとき、一瞬、どっちが開くで、どっちが閉じるか、迷うことがある。三角形の向きを考えれば明らかなはずなのだが、一瞬、迷ってしまうのだ。

 実際、迷うのは私だけではなさそうで、マークと一緒に「ひらく」「とじる」と文字を併記しているものも、ときおり見かける。

 分かりやすくするために考えて作ったのが右の図だ。矢印の先端の三角形に根本の直線部分がセットになることによって、より図形の向きが明確になる。

 左の図の開閉ボタンを最初にデザインした人も、おそらく、はじめは右の図のようなものが頭に浮かんだに違いない。ただ、それでは、単なる矢印を二つ画いただけで芸がない、直線部分を取り除いて、三角形だけにしても、方向は明らかだし、その方が、デザインとして抽象化され、洗練された感じになる。そう考えて、左の図が採用されたのだろう。

 ところが、矢印【→】から直線部分を取り除いて先端の三角形だけになると、図形の差し示す方向が必ずしも明確ではなくなるだ。

 その結果、どちらが開くで、どちらが閉じるか、一瞬ではあるが、迷う結果になったのだ。「分かりすさ」という観点からは、「洗練されたデザイン」は諦め、泥臭くても、より直感的に理解できるデザインにすべきだったのだ。

 このエレベータボタンの分かりにくさは、【[分かりにくさ」の原因は、これだ】で書いた、メールの「件名」を「格好よく」「体言止め」にしたために、かえって分かりにくくなるのと、同じ構造である。

 余談だが、以前、そもそも、閉じるためのボタンは不要だという意見を目にしたことがある。開くためのボタンは、人が挟まれそうになったとき、あるいは、後からエレベータに乗り込もうとする人のために、必要なことは明らかだが、一定時間経てば自動的にドアは閉まるのだから、せっかちの人のために閉じるためのボタンを用意する必要はないということだった。

 一理あるものの、深夜に一人でエレベータに乗った場合、少し遅れて乗り込ん来ようとする見知らぬ人と二人きりで密室で過ごしたくないという需要もあるだろうから、閉じるボタンも必要なのかもしれない。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR