電源喪失の原因  分かりやすくするための、マストアイテム 読点、態(能動/受動)、助詞、かぎ括弧

 せっかくの内容なのに、「分かりやすさ」に十分な配慮が払われていないために読者を遠ざけているサイトを見る度に思う。

 もったいない!

 本日の素材は、【庶民の弁護士伊藤良徳のサイト 福島原発全交流電源喪失は津波が原因か(その8)】の冒頭の「ここがポイント」の中の一文だ。

原子力規制委員会は事故進展中電源復旧のために電源盤を操作した可能性をまったく検討もせずに事故3年後に現場検証した電源盤を電源喪失の瞬間とまったく同じ状態という前提で議論している


 意味を理解するまでに、何度も行きつ戻りつしなければならない。

 最大の原因は、とにかく長く、読点「、」が一つもないことだ。

 そこで、「分かりやすく」するために、最小限、手をいれてみた。

原子力規制委員会は、事故進展中に電源復旧のために電源盤が操作された可能性をまったく検討もせずに、「事故3年後に現場検証した電源盤が電源喪失の瞬間とまったく同じ状態」という前提で議論している


 変更点が分かるよう、元の文とならべ、変更箇所にマーカーを引いた。

原子力規制委員会は事故進展中電源復旧のために電源盤を操作した可能性をまったく検討もせずに事故3年後に現場検証した電源盤を電源喪失の瞬間とまったく同じ状態という前提で議論している

原子力規制委員会は事故進展中電源復旧のために電源盤が操作された可能性をまったく検討もせずに事故3年後に現場検証した電源盤電源喪失の瞬間とまったく同じ状態という前提で議論している


● 読点「」をつける

● 漢字が連なるところに、平仮名「」を入れる

 漢字が十文字も連なると、切れ目が分からなくなる。適宜、平仮名、読点「、」等を入れ、意味の塊を視覚化することによって、ずっと読みやすくなる。以前の記事【スペースの効用】を参照。

● 主語のない能動態「を操作した」を受動態「が操作された」に変える

  一般論として言えば、受動態より能動態の方が分かりやすい。

 だが、能動態でも、主語が省略され、しかも、その能動態と結びつく主語候補(ここでは、原子力規制委員会)が存在する場合は、分かりにくくなる。そんなときは、受動態にすればよい。

● かぎ括弧「」でくくる

● 「を」を「」に




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ご指導ありがとうございます

> ご指摘いただきありがとうございます。
> ご指導に従い、謹んで修正させていただきました。

当方の不躾な指摘に、快く対応していただき、ありがとうございました。

今後も充実した論考を発表していただけるものと、大いに楽しみにしております。

あと、もう一つ、お願いなのですが、数行おきに空白行をいれていただいたら、ずっと読みやすくなると思います。
 参考までに・・・ http://laweditor.blog.fc2.com/blog-entry-181.html
 

ご指導ありがとうございます

ご指摘いただきありがとうございます。
ご指導に従い、謹んで修正させていただきました。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
素材、分野別の表示
★ 下記の言葉をクリックすると、関連記事が表示されます。

グラフ 原発 マスコミ 学校 色彩 法曹界 時間 錯覚 司法試験 大学 NHK 修飾関係 主語述語 官公庁 外来語 京大 言葉の意味 将棋 IT エクセル インターネット 一般企業 地図・案内図 政界 東大 指示語 読点 論理の飛躍 テレビ テレビ朝日 地方自治体 法律 家電製品 図書館 裁判所 

プロフィール

「時間泥棒」仕置人 (改称予定)

Author:「時間泥棒」仕置人 (改称予定)
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク