カリフォルニア州の司法試験

 【アメリカのロースクールに行かずに、育休中にカリフォルニア州の司法試験に合格した日本人弁護士がどんな勉強をしてたのか】というブログがあり、その中に、こんな一節があった。

試験内容
毎年2月と7月の最終火曜日と水曜日の2日間に亘って開催される、Essay(論文試験)5問、Performance Test(与えられた資料を基にシチュエーションに沿った書面を作成する試験。以下「PT」)1問及びMultistate Bar Examination(4者択一式の試験。以下「MBE」)200問の試験です。


 落ち着いて読めば分からないことはない。

 けれども、ネットに溢れる玉石混淆の膨大な情報の中から役に立つ情報を瞬時に取捨選択するのが習慣となっている私には、こんな文章を読むのは苦痛である。

 で、分かりやすく書き直してみた。

試験日

  年2回 2月、7月
  最終火曜日と水曜日の2日間


試験内容

  Essay 
     5問
     論文試験

  PT  (Performance Test)
     1問
     与えられた資料を基にシチュエーションに沿った書面を作成する試験 

  MBE (Multistate Bar Examination) 
     200問
     4者択一式の試験 



 冒頭の文章が分かりにくいのは、以下の点が原因だ

 ● 試験の日と、試験の内容という、異なった種類の情報が一文で書かれていること

 ● 試験の名称、略称、内容、問題数という様々な情報が、丸括弧や鍵括弧を多用して、一文に押し込められていること

 ● Essay と PT とで、内容の説明のレベルが異なること
     ( Essay は、「論文試験」と、問題の形式だけの説明だが、 PTは、より具体的な内容を説明している)

 書き直し後の文章は、単に「分かりやすい」だけではない。

 情報が「構造化」されており、記憶にも残りやすいはずである。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR