元号と西暦の混在

 文部科学省のウェブサイトに国語審議会の頁がある【国語審議会

国語審議会

 見た瞬間、「これは何だ!」と思わず声を上げそうになった。

 元号表記と西暦表記とが混在しており、前後関係が、すぐには分からない。

 こういった不統一は、読み手にとって、はなはだ迷惑なことである。

 ----- 追記 2018.10.29 -------------------------------------------------------------------

「不統一」にも、いろいろあり、その弊害も様々だ。思いつくまま、整理してみた。

 ● 表記(表記の揺れ)

  コンピュータ、コンピューター
  プログラマ、プログラマー

  → 混在すると読みにくいし、いい加減な印象を与えるが、弊害の程度は知れている。

 ● 類義語

  書面、文書
  表示画面、画面
  ログイン、ログオン

  → 使っている本人は同じ意味で使っていても、相手は、別のものを指しているのではないかと悩むこともある。

 ● 単位

  1リットル、1000cc
  平成30年、2018年

  → 換算をすれば分かるのだが、読者に余分な負担をかけることになる。



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR