たえることのない・・・

 朝食をとりながらテレビのニュースを聞いていると、昨晩の関東地方の落雷の話をしていた。

 何度も落雷が発生しているということで、大変だなあ、今後は、こんな異常気象に耐えなければいけないのか・・・と、そんなことを覆っていたとき、耳に入ってきたのが、「たえることのない・・・」という言葉だった。

 瞬時に、脳内で「耐えることのない・・・」と漢字変換をしたのだが、「・・・」の部分が「落雷」と認識できた瞬間に、今度は、「絶えることのない」に再変換された。

 音声で何かを伝える場合、情報は平仮名で入ってくる。それを聞き手が、自らの関心や文脈に応じて漢字変換をすることによって、理解をする。「文脈」は、その単語の「前」だけでなく「後」も重要である。

 上記の例のように、最初は、「前」だけで漢字変換をしていても、「後」の「落雷」を聞いた瞬間、変換をし直さなければならないのである。

 この程度の「再変換」なら大したことはないと言えるが、積み重なると、ストレスとなる。

 再変換の必要のないように、聞いただけで、「この漢字しかない」といえるような言葉を選択する方が、聞き手には優しいと言える。

 上記の例では、「たえまなくつづく」であれば、「耐」ではなく「絶」であることが分かり、「絶え間なく続く」と最初から正確に意味を理解することが分かるのだ。

 このように、同音異義語があるばあいには、できるだけ長い言葉に言い換えるのがいいということは、これまでの記事にも書いたことがある。

罰金陛下
「つしんきんにいってきたんです」


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR