電話機の取扱説明書 同じものは、同じ名前で 

 電話機の時刻を合わせようとして、取扱説明書を見ると、こう書いてあった【Panasonic VE-GZ30 取扱説明書】。

電話説明


 最初に、「1 【機能】を押し」と書かれていたので、「機能」と書かれたボタンを押そうと、電話機に目をやったのだが、「機能」という漢字2文字だけが書かれたボタンは見つからなかった。

電話設定


 もう一度、見直すと、「機能」というボタンはないものの、中央に「機能/決定」と書かれたボタンがあった。

 他に「機能」という文字は見当たらなかったので、このボタンのことを言っているとしか考えられない。

 さらに、説明書には、「2 【決定】を押す」と書かれているが、これも、「機能/決定」と書かれたボタンを指すとしか考えられない。

 一つのボタンが、あるときは「機能」、あるときは「決定」と呼ばれるのである。

 確かに、最初は、機能を選択する、という意味で「機能」のボタンだし、次は、いくつかある機能のうち日付・日時の設定機能を使うことに決定する、という意味で「決定」のボタンである。

 それぞれ、単独の「機能」「決定」というボタンがあるのなら、取扱説明書の説明で何の問題もないのだが、ボタンが一つしかない以上、状況に応じて、「機能」と呼んだり「決定」と呼ぶのは、混乱の元である。

 単に、こう書けばいいのだ。
  1 【機能/決定】を押し、#001 を押す
  2 【機能/決定】を押す

 同じ対象を異なる名称で呼ぶことの弊害については、過去の記事にも書いている。

 【借りている資料=貸出状況 ?
 【テキストボックスの使い方





 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR