原因は一つだけとは限らない

 相変わらず大活躍の藤井聡太七段だが、こんな記事があった【藤井聡太七段が木下七段を破り叡王戦予選2回戦突破 日刊スポーツ 2018.8.11】。

 叡王戦は、四段とか五段といった段位ごとに予選があり、それぞれの段位に割り当てられた枠の数だけの棋士が本戦に出場できるのだが、その予選に関する記事の一節が、これだ。

前期の四段予選は、梶浦宏孝(23)都成竜馬(28)佐々木大地(23)杉本和陽(26)と撃破。決勝トーナメント進出1枠の狭き門をクリアしたが、1回戦で深浦康市九段(46)に敗れた。七段昇段の今期は 進出3枠と門戸は広いが百戦錬磨のベテランぞろいで油断は禁物だ


 記事は、枠が四段のときの1枠から、七段になって3枠になったので、「門戸は広い」と言っているのだが、はたして、そうか?

 ある段に割り当てられた枠が多くても、その段に所属する棋士の数が多ければ必ずしも、「門戸は広い」と言えないはずである。

 そこで、【日本将棋連盟 叡王戦サイト】で、所属棋士数と枠を調べてみると、こうなっていた。

叡王予選


 確かに、藤井聡太棋士についてみれば、四段から七段になり、枠が1から3に増えて、競争倍率は、19倍(●)から12.7倍(▲)になって、門戸が広くなっている。

 けれども、それは、たまたま、四段から七段になって枠が増えたほどには所属棋士の数が増えはしなかった結果に他ならない。

 たとえば、今季の五段は2枠で倍率は11.0倍(△)だが、七段は3枠で12.7倍(▲)である。枠が多い方が倍率が高く「狭き門」となっているのである。

 上記の記事は、結論としての「門戸は広い」という部分に誤りはないものの、枠の数だけを理由にしている点で、論理的には、「誤り」と言わざるを得ない。

 門戸の広狭は、y=F(x,z)という複数の引数からなる関数であるにも関わらず、y=F(x)という1個の引数からなる関数、しかも、単調関数であると、誤解したことにある。

 これと同種の誤りは、以前の記事【マグネシウムは、41ミリグラム】で触れたのと同種の誤りである。

 こういった論理的誤りを目にするにつけ、最近読んだ【13歳からの論理トレーニング 】という本の「あとがき」に書かれていた一節を思い出す。

本書を一読した人は誰でも気づくでしょうが、日常生活における”論理”は、あまりにもいいかげんで、正しくないものばかりです。



 
 









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR