「ただし」は安易に使わない

 この3月に藤井聡太六段と杉本昌隆七段の師弟対決が話題となった【毎日新聞 藤井六段、師弟対決に勝利 王将戦予選】。師弟対決については、将棋連盟の規約で、次のように定められている【よくある質問 師弟戦】。

トーナメント戦においては、一次予選の1回戦の師弟戦は行わない。
ただし、二次予選や本戦の1回戦はこれには該当しない。


 「ただし」というのが引っかかった。

 「ただし」というのは、通常、「原則に対する例外」を示すものである。

 ただ、あくまでも、「通常」そうだ、というだけで、前に述べたことに対して、補足的に条件を付す場合にも、用いられる。

被告アントーニオの心臓の肉を切りとってもよい。
ただし、一滴も血を流してはならない。


 お馴染みの「ベニスの商人」で、裁判官に扮したポーシャが、返済約束を果たせなかったアントーニオの心臓の肉を証文に従って切り取ることを認めるように求めた高利貸しのシャイロックに告げた言葉だ。

 けれども、将棋連盟の規定の「ただし」は、いずれの使い方とも違う。 

  ● 原則に対する例外
  ● 前に述べたことに対する条件

 他にも、「ただし」を使う場合がないか考えてみたのだが、こんな例もありそうだ。

遠足のおやつは、一人、300円までです。
ただし、バナナは、おやつには含みません。


 バナナは、「おやつ」に含むようにも思われるが、含まないという解釈も成り立ちそうである。そんな場合に、バナナは「おやつ」に含まない、ということ明確に宣言するために、「ただし」と言っているのである。

 この用法は、一般化すると、こういうことになる。

  ● 前に述べたことの解釈が分かれる場合に、その一方を採用する

 将棋連盟の規定の「トーナメント戦においては、一次予選の1回戦の師弟戦は行わない。」というのは、明確で、解釈が分かれる余地もなく、この用法にも、あてはまらない。

 結局、将棋連盟の規定は、「ただし」と言うべきでないところで、「ただし」と言ってしまったのである。

 読み手としては、「ただし」と書かれている以上、一次予選の1回戦でも、例外的に師弟戦が行われることがあり、それが、どのような場合かが書かれているのではないかと、予測して、次を読むことになる。

 けれども、「ただし」の後に書かれているのは、一行目に書かれていることの当然の帰結であり、一次予選の1回戦では師弟戦は行わない、という原則は、そのままであり、予測を裏切られてしまうのである。

 ここでは、「ただし」ではなく、「言うまでもなく」が相応しい。
 

トーナメント戦においては、一次予選の1回戦の師弟戦は行わない。
言うまでもなく、二次予選や本戦の1回戦はこれには該当しない。



 「言うまでもなく」というのは、「普通の理解力のある人なら、上記に述べたことの意味は、当然に正確に理解できるだろうが、中には、誤解する人もいるかも知れないので、念のため、述べておくが」ということである。





 





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR