黄色に注意

 下記の図は、動脈硬化の進展を図解したものだ【セントラルクリニックグループ 血管内皮機能検査】。

動脈-1


 左端の正常な場合から動脈硬化が進展して行くにつれて、緑→黄→橙→赤と、文字の色や、文字の背景色を変化させているが、危険度が次第に高くなることを直感的に印象づけるもので、その狙い自体は、結構だ。

 けれども、左から2番目の図のように、白の背景に黄色の文字、あるいは、黄色の背景に白の文字となっていると、白と黄色の明度が近いために、文字を読み取るのが非常に難しい。

 他方、黄色と黒の組み合わせは、踏切の遮断機などに使われているように、非常に目立つ。

 従って、以下のように、文字に黒の縁取りをすれば、読みやすくなる。

動脈-2


 なお、今回、文字の縁取りは、パワーポイントを使ったのだが、一太郎や、ワード、エクセルでも可能である。それぞれ、一長一短あるので、実際に試してみて、やりやすい方法を選択すればいい。

 具体的な方法について、ここに記載したり、文字に縁取りを文字にする方法を解説した頁へのリンクを貼ろうかと思ったのだが、あえて、記さないことにする。

 自分で説明するのも大変だし、リンクを貼るのも、解説頁がいっぱいあって、どれが分かりやすいか選ぶのが面倒だ、ということもあるのだが、私がいちいちリンクを貼らなくても、実際に文字の縁取りに挑戦してみようという人なら、ネットで検索すれば、いくらでも解説した頁は出てくるので、あえて説明を省略したのだ。

 一太郎にせよエクセルにせよ、機能が見つからないときは、ネットで検索すれば、大抵のことは分かる。それぞれのソフトのヘルプ機能を使うよりも、便利である。

 さらに進んで、仮に、それでも機能が見つからなかった場合でも、いくつかの機能を組み合わせることによって、見つけたい機能を実現できる場合もある。諦めないのが肝要である。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR