「分かりやすさ」だけでは足りない

 日大学長の記者会見が行われている。

 別に日大学長の話が特別に「分かりやすい」という訳ではないのだが、コミュニケーションにおいては、「分かりやすさ」だけでなく、話者の心理状況が聞き手にどのように伝わるかという点について、十分な配慮をしなければならないということを教えてくれる会見である。

 これまでの日大アメリカンフットボール部の対応、記者会見の司会をした日大広報部の担当者の言動などで、世間一般が「誠意がない」と感じていることは百も承知だったはずなのだが、この学長の言葉遣いは、以下のとおり、全く不適切というほかない。
 

本件で学生たちが動揺しているので、学生たちをケアしてあげたい。


 「してあげる」というのは、本来は義務ではないのだが、恩恵的に、何かを行う、という場合に用いられる言葉である。学生たちには何の責任もなく大学の体制、対応が不適切なために学生たちが不安に思っているのであるから、大学として、それをケアすることは、当然の義務である。

 にもかかわらず、「してあげる」という言葉が使われているのであるから、大学としての責任を自覚していないと言わざるを得ない。

今回の騒動につきましては・・・


 思わず耳を疑った。当事者意識の欠如を象徴する言葉である。学長にしてみれば、アメリカンフットボール部の監督の不手際で大学全体が批判され、自分も記者会見まで開かなければならなくなった、という、いわば「被害者意識」が透けて見える表現である。

第三者委員会が発足したか否かは伺っていません。


 第三者委員会の立ち上げの実務を担うのは、大学の事務局であるから、大学の事務局からは話を聞いていないということであろう。であれば、身内である事務局に対して「伺う」という「謙譲語」を使うべきではない。適切な敬語の使い方もできない人が学長をしているのである。

監督は、大学の関連病院のどこかに、おられます。


 これも敬語を使うべきでないところで使っている。特別に難しい言い回しではない。社会人として平均的なレベルの敬語の使い方も習得していない人のようである。

普通は、競技団体の裁定を仰ぐと言う形で片付いてきたところで・・・


 もはや、あきれてものが言えない。学長にとっては、さっさと「片付く」はずのものが、学長である自分が記者会見までしなければならなくなって、大迷惑だ、ということであろう。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR