永世名人、永世竜王の条件は?

 藤井六段の活躍が多くの人の関心を呼び、各地の将棋教室で生徒が急増しているそうだ。

 かくいう私も、日本将棋連盟のウェブサイトを見て、詰め将棋を解いたり、棋戦の勝敗を確認するようになった。

 今回の将棋ブームは、もちろん、藤井六段の活躍が最大の要因であるが、羽生竜王の永世七冠達成も寄与していることは間違いない。

 そこで、この「永世」の称号なのだが、これを得るための条件は、こうなっている(【日本将棋連盟】 王座だけは、「永世」ではなく「名誉」)。
 
永世-1

 念のため補足すると、例えば、永世竜王になるには、連続して5期竜王になるか、あるいは、通算で7期竜王になればいい、ということである。

 表のとおり、各タイトルで条件が異なるのだが、この表を睨んでいても、どのタイトルが「永世」の条件が緩やかなのか厳しいのかは、なかなか分からない。

 分かりにくさの原因は、条件が、「連続」「通算」と二系統出てくるためだ。さらに、この両者が、まったく独立の条件ではなく、例えば、「5期連続」だと当然に「5期通算」になるように、部分的に従属関係にあることも、分かりにくさの原因だ。

 そこで、「永世」の条件を、二次元の図で表現してみた。
永世-2


 図にすると、各タイトルで「永世」の称号を得られるのが、どのような場合かが視覚化される。視覚化されると、条件の緩やかなものから厳しいものへと、順に、名人=棋聖 < 竜王 < 王位=王座 < 王将・棋王 となっていること、また、王将と棋王は、どちらが厳しいとは一概に言えないことが、よく分かる。



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR