「のご案内」

 最近、駐車場の案内に関する記事を結構、書いているが、また、駐車場の案内が目に入ってしまった。

第2駐車場


 「進行方向へ60m」となっており、初めて見る人でも間違いようがない【駐車場入口は蛤御門へ】。

 さらに、「60m」というのも、いい。正確に計ったら、本当は、58メートルかも知れないが、これでいいのだ【駐車場から事務所まで、58メートルです】。

 あえて、問題点を指摘すると、「第二駐車場のご案内」の部分であり、二行に分かれて、二行目が、「のご案内」となっている点である。

 一瞬ではあるが、「のご」という二文字が目に入ってきて、つい意味を考えてしまう。うしろに「案内」とあるのだから、先頭の「の」は助詞の「の」であり、「ご」は「御」の意味だということは、すぐに分かるのだが、一瞬でも惑わせることのないよう、一工夫ほしいところである。

 「の」を「第二駐車場」の末尾に付け加えるとか、「の、ご案内」とするか、あるいは、「ご」を「御」にするとかすれば、「のご」で迷うこともない。

 このことを抽象化すると、意味の切れ目を、視覚的な切れ目一致させる、ということになる。

 そして、視覚的な切れ目というのは、こういうことである。
    文字と文字を離す 
    区切り(区切り文字、罫線、スペース)を入れる
         【「長田近年」裁判官】 【スペースの効用
    文字そのもの(種類、大きさ、色、等)を変える



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR