ムーミンの舞台より、こちらに注目 部分は全体を表すとは限らない【続編】

 大学入試センター試験の地理の出題に疑問が呈されている【地理Bのムーミン設問に疑問 阪大大学院 毎日新聞2018.1.15】。

 その疑問というのは、試験問題は、ムーミンの舞台がフィンランドであることを前提にしているが、この前提が正しいとは言い切れない、というものである。

 私自身、地理が大好きで、大学受験では、ほとんどの生徒が世界史、日本史を選択する中で、世界史と地理を選択した。そんなこともあって、早速、どんな問題が見てみると、上記の疑問とは直接の関係はないのだが、こんなグラフがあった【大学入試センター試験 解答速報2018 東進ハイスクール】。

  
地理問題

 このグラフで問題なのは、グラフの下に並んでいる凡例の「キ」の前の長方形の図形である。長方形の上辺と下辺が二重線になっており、この図形が円グラフの中の橫縞を付した部分に対応しているということは、直感的には分からない。

 この問題については、つい先日の記事【部分は全体を表すとは限らない】にも書いたので、そちらを見てほしい。

 大学入試センター試験という、何十万人という若者の人生を左右しかねない試験において、ここまで「分かりやすさ」への配慮がなされていないことに唖然とした。

 ただ、翻って考えると、試験問題を作成したのは、大学の先生であり、日常的に学会などで研究発表を行っている人々なのだが、そんな人々の多くが「分かりやすさ」に何の配慮もしていないことは、以前にも紹介した【伝わるデザインの基本】を見ればよく分かる。
 

研究者を相手にする研究発表や研究者でない人を相手にするアウトリーチ活動などの科学コミュニケーションにおいて、研究者や学生は、自身の成果やアイデアを正確にかつ効果的に聞き手(聴衆や審査員)へ伝える必要があります。これらのことを意識せず、ただ闇雲に発表するだけでは、コミュニケーションは成立しません。    (ラインマーカーは、引用者が付加)


 上記のサイトの作者は、自らも自然科学の研究者なのだが、冒頭で、このように訴えているということは、日常的に目にする研究発表の多くが、「分かりやすさ」に関して無頓着に、「闇雲に」なされている、ということであろう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR