読者に「反対解釈」を期待してはならない

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのに続いて、民法の成人年齢をはじめとして、様々な分野で年齢を引き下げる改正案が検討されているが、下記の図は、その改正案の解説である【朝日新聞 2018.1.7】。
成人-1

 分からないことはないのだが、★をつけた部分の記載が気にかかる。

 まず、最初の、契約に親の同意が必要か、という点だが、「改正案」では、「18歳未満は親の同意が必要」となっているが、現行法でも「18歳未満は親の同意が必要」であることに変わりはない。「18歳以上は親の同意が不要」にするのであれば、端的に、そう書けばいい。

 記者は、「18歳未満は・・・必要」ということは、反対解釈として、「18歳以上は・・・不要」ということだ、という思いで、この表現をしたのだろう。けれども、読者に「反対解釈」を期待してはならない。どう変わるのかということを、端的に表現すればいい。

 「反対解釈」で理解できないはずはない、というのなら、次の欄の「民事裁判を起こせる年齢」も、「18歳未満は代理人が必要」とすればいいのだろうが、そうはなっていない。記者が、あまり頓着していなかったことの証左である。

 次に、飲酒、喫煙ができるようになる年齢だが、改正案も現行法と同じく「20歳以上」となっている。要するに変更はないのだから、これも端的に「変更なし」と書いた方が分かりやすい。

成人-2


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR