勝敗は「〇●」に限る

 将棋で永世七冠となった羽生竜王と、囲碁で二度目の七冠となった井山名人に国民栄誉賞が贈られることになった【羽生氏と井山氏に国民栄誉賞 毎日新聞 2018.1.5】。

 井山名人が二度目の七冠を達成するまでの戦績を調べてみると、こんな表があった【Wikipedia 井山裕太 年表】。

井山-1

 各タイトル戦の結果が、一局ごとの勝敗まで含めて掲載されているのだが、2016年の名人戦での「高尾紳路」棋士との対戦の欄の「xxxooox」が分かりにくい。原因は、負けを「x」で表現しているため、負けが続くと、「xxx」のように、隣り合った「x」が一体化して、「o」のように見えてしまうからだ。

 この「一体化」を防ぐには、文字と文字の間隔を空けるのも一つの方法だが、狭いスペースでは、それも難しい。だったら、一体化しないような文字(記号)を用いるのがいい。こんな具合だ。

井山-2

 これなら一目瞭然だ。相撲の取組表と同じである。

 他にも、◯や●を使ったほうが分かりやすい場合が結構ある。たとえば、出席表の場合だ。
 
出欠


 「出」と「欠」は明らかに異なった漢字であり、見間違いようはない。けれども、「出」と「欠」との違いは、「◯」と「●」との違いに比べると、微々たるものである。「◯」と「●」は読むまでもなく勝手に目に飛び込んできて理解できるのに対して、「出」と「欠」は一瞬ではあるが「読む」という作業が必要である。

 たとえば、50人くらい名簿の出欠表を思い浮かべてほしい。「◯●」方式だったら、例えば、一瞬にして、「6割くらいが出席だ」ということが分かるのに対して、「出欠」方式だと、「6割くらいが出席だ」ということを読み取るのに、数秒はかかるはずだ。

出欠-3

 なお、以前も書いたが、アンケート等で、□ に「「レ」でチェックを入れるよりも、塗りつぶして■にしてしまう方が分かりやすいのと同じである【こだわりの「■」】。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR