「衆議院議員」か「参議院議員」か

 昨日の午後から、テレビは、小池新党の話題で持ちきりである。

 「リセット」された若狭、細野の両議員の外にも、自民、こころ、民進の各党から新党への合流が加速しており、テレビの画面にも、そんな議員の一覧が大きな表になったものが出てくる。

 次に掲げるのは、先ほどの、「ひるおび」の表である。

離党-1


 各議員が、衆議院議員か参議院議員かということは、来月の選挙の候補者となるか否かという点で、重要なことである。ところが、小さな字で「衆議院議員」「参議院議員」と書かれていても、目を凝らしてみないと分からない。

 これに対して、次に掲げるのは、今朝の讀賣テレビのローカル番組に出ていた表である。

離党-2


 違いは、次の2点である。

 ● 「衆」「参」としか書かれていない。
 ● 「衆」は赤、「参」は青の背景になっている。

 こちらの方が、遙かに分かりやすい。

 最初の表のように「衆議院議員」「参議院議員」と各5文字を費やす意味はない。話の流れから「国会議員」であることは明らかだし、その上に、表の上の表題にも「国会議員」と記されているのだから、「議院議員」の4文字に、情報としての価値はない。むしろ、余分な情報が目に入るだけ、有害である。

 これに対して、後の表のように、情報として意味のある「衆」「参」の各1文字だけにすれば、その分、字を大きくすることもでき、一瞬で理解してもらうののに役に立つ。

 また、文字の背景を赤、青と色分けしているので、より一層、見やすく、記憶にも残りやすくなる。

 さらに、どの色をどちらにするかという選択について言うと、来月の総選挙に出馬することが確実な衆議院議員の方を、より目立つ赤にしたという点でも、優れている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
職業:弁護士

 どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR