宝くじの分類

 二月ほど前のこと、烏丸三条の書店に寄った帰り、隣の銀行にある宝くじ売り場が目に入った。

 宝くじファンというわけでないのだが、ふと気になった。ここで買わないで、後で、その売り場から1億円の当たりが出たなどと知ったら、後悔するかも知れない。そんな気がして、1枚、買った。

 先ほど引き出しの整理をしているときに、その時の宝くじが出てきたので、ネットで当選番号を調べることにした。

 宝くじにも色々と種類があるようで、公式ページを開くと、次のようなメニューがあった。
 
番号・トップ


調べたいのは、「第725回全国自治宝くじ(サマージャンボプチ100万)」という長ったらしい名前の宝くじなのだが、メニューと照らし合わせても、「全国通常宝くじ」と「ジャンボ宝くじ」のどっちを見ればいいのか、分からない。
 
「全国」とついているのは、「全国通常宝くじ」だけだし、「ジャンボ」とついているのは、「ジャンボ宝くじ」だけであり、私が探しているのが、どっちなのか、決め手はない。

そこで、とりあえず、「全国・・・」をクリックしてみると、そこに、私の調べようとした宝くじがあった。試しに、「ジャンボ・・・」もクリックしてみると、そこにも、あった。

 両者を比べてみると、「」を付けたもの以外は、「ジャンボ・・・」にも「全国・・・」のどちらにも掲載されていた。

番号・中身

 つまり、「ジャンボ・・・」は、すべて、「全国・・・」に含まれるているのだった。

 だったら、「ジャンボ・・・」の区分を設ける意味はなく、そんな区分を設けると、徒に、戸惑わせるだけである。

 更に問題は、「全国通常宝くじ」という表現である。クリックして、一覧で出てくる宝くじの名前には、「通常」という単語はなく、逆に、全てに、「自治」という単語が入っている。

 そういうことなら、「全国自治宝くじ」と表現すればいいのである。

 おそらく、ウェブサイト作成者の頭の中では、「通常」=「自治」ということなのだろう。

 けれども、読み手は誰も、そんなことまで、「忖度」はしてくれない。「忖度」しなければならないのは、情報の発信者の側である。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
職業:弁護士

 どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR