自転車を除く

 御所(京都御苑)に、こんな標識がある。

歩行者用

 
 青の背景に人の絵柄の標識が「歩行者専用」だということは、直感的に分かる。

 では、「自転車を除く」というのは、どういう意味か?
 

① 【通行許可の対象から、自転車を除く】
 歩行者専用の表示があっても、自転車は車やバイクと違って歩行者と同じようなものと勘違いする人がいるので、自転車は駄目だということを念押しした。

② 【通行禁止の対象から、自転車を除く】
 歩行者以外の通行は禁止されているが、禁止対象から自転車は除く、すなわち、自転車は例外的に通ってもいいことにした。


 なんとなく、②の解釈の方が無理がなさそうで、自転車は通ってもいいのだと判断するのだが、見る度に、どっちの意味か考えてしまう。

 ただ、御所の中でも別の場所には、「自転車通行禁止」の標識があるので、②の、自転車は通行可能、という意味で間違いないだろうと思う。

 上記のような「●●を除く」という表現は、よく見かけるし、この表現自体に曖昧さはない。

 ところが、「何から除くのか」が曖昧だと、意図するところは正確に伝わらないのである。

 ところで、冒頭の標識だが、こんな標識なら、絶対に誤解の余地はない。

自転車用

 ただ、この標識も問題と言えば、問題である。

 というのは、青地に人と自転車の絵が描かれているので、それだけで自転車は通行可能ということは、明白なのだが、それに加えて、「自転車・・・」という記載があると、上の絵柄にかかわらず、自転車は通行不可ということかも知れないという気になり、「・・・通行可」まで読まないと安心できないのである。

 作成者は、「自転車通行可」ということを念押ししたかったのだろうが、自転車の絵がある以上、「自転車通行可」ということは、誤解の余地はないのだから、ことさら念押しする必要はない。

 むしろ、この「念押し」の記載が、一瞬ではあるが、「ひょっとしたら、上の絵に対する例外を書いているのかも知れない」といった心配を引き起こすという点で、有害なのである。

 これまでも何度も述べてきたように、情報伝達は、発信者の「思い」で突っ走っては駄目なのであり、常に、受信者の受け止め方に思いを致さなければならないということである。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
職業:弁護士

 どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR