番号、見出し、リード、本文

 前回、メーリングリストにおける注意事項を整理した記事を掲載した【メーリングリストにおける注意事項】。

 全部で7つの注意事項だが、1番目の見出しが、これだった。

メールの「件名」は、「一読了解」が不可欠


 その後、この見出しを、次のように変更した。

【1】 - 件名 -  メールの「件名」は、「一読了解」が不可欠


 ずっと、分かりやすくなったのでなかろうか。

 ここでのポイントは、次の3つだ。

【1】 - 番号 -  各見出しに、通し番号をつける

 最初に全部で幾つあるか明示されていた場合、通し番号があると、読んでいる最中に、「今、3番目だし、あと4つだな」というふうに考えることができ、読み手に安心感を与えるものである。


【2】 - 要約 -  各見出しを、さらに要約し、「ひと言」で、表現する

 「ひと言」の要約があると、自分のメールを振り返って、「『件名』は完璧だが、『空白行』は気をつけないと」と反省したりする際にも、それを強く脳裏に定着させる場合のキーワードとして有効である。


【3】 - 階層構造 -  見出し、リード、本文の階層構造で、理解を容易に

 この構造は、新聞記事が、「見出し、リード、本文」と段階的に、情報が詳細になって行くのと同じであり、読み手の理解が、「単語一つの標題」から、「1行足らずの説明」、「本格的な説明」と次第に進んでいくという点でも優れている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR