正しい照明スイッチの並べ方

 私が所属する弁護士会の建物の4階には、会員専用ロビーと図書室がある。照明設備は細かく分けられた区画毎に全部で8系統あるのだが、照明スイッチが、どの区画に対応しているのか、ことのほか分かりにくい。そのため、わざわざ、どのスイッチか、どの区画に対応するのかを図解した紙が貼られている。

照明
(上の図は、実際よりも、若干、簡略化している)

 
 こんな貼り紙が必要になるのは、スイッチの配置と、実際の照明の配置とが対応していないからである。

 スイッチを捜す負担を少しでも軽減しようとして、この図が貼られたのだろうが、それでも、面倒なことには変わりがない。

 たとえば、閲覧室の真ん中あたりの照明を点ける場合、こうなる。

 ・まず、図で、自分が照明を点けたい区画を捜す。
 ・そこに、「④ 閲覧室 中」とあることから、スイッチのパネルで「④ 閲覧室 中」というのを捜して、スイッチを押す。

 面倒なのは、2番目の、「④ 閲覧室 中」と書いてあるスイッチを捜すところだ。

 それでも、番号が振ってあるので、「閲覧室 中」という文字を捜すのではなく、数字の④を捜せば足り、その分は、ましである。

 というのは、数字であれば①②③と順に並んでいるのが普通なので、ある程度、どの辺りにあるか見当がつくが、「閲覧室 中」だと、どの辺りにあるかなど、だれも予想できないからである。ただ、数字でも並べ方も、一通りしかないわけではないから、数字だからと言って、すぐに見つけられるとは限らない。

 パネルを見ると右上が①であることから、おそらく、その下の方に④があるだろうと見当がつき、下の方を見れば、そこに④があり、そこを押す、ということになる。

 上の説明は、私が、「ことさら面倒そうに書いた」と思われる人がいるかも知れないが、スイッチの数が少ないから、そう思うだけで、実際、スイッチを押すまでの過程を分析すると、上のようになっている。試しに、スイッチが百個ある場合を想像してみれば分かることだ。

 現状では、上記のような面倒な過程を経るのだが、最初から、以下のように、スイッチの配置を、実際の照明の配置と一致させていれば、そんな作業は不要であり、何のストレスを感じることもなく、照明を点けることができるのだ。

照明-2
 (なお、この図では、①、②という番号も、不要になっていることに、注目されたい)

 今回取上げた、現実世界の配置と、現実世界を指し示す表現の配置との対応の重要性は、以前のブログ、【前列右から・・・】【市ヶ谷キャンパス・・・】でも書いた。

 ところで、冒頭のスイッチが分かりにくい理由は、実際の照明の配置と対応していないという点だけではない。

 ロビー「北」とかロビー「南」という表現も、分かりにくさに大きく寄与している。

 建物の中にいるとき、普通は、どちらが北か南かなどと方角を意識することはない。

 だから、方角を意識しなくても分かる識別方法、たとえば、「奧」「手前」「窓際」「ドア側」などの表現のほうが、遙かに分かりやすい。

 方角を用いた表現になったのは、おそらく、スイッチに書く文字を考えた人が、図面を見ながら考えたからだろう。図面上は、どちらが北かということは明らかであるから、実際に建物を利用する人の意識など頓着することなく、「北」とか「南」という表現を用いたのであろう。この点は、以前のブログ【「6階の第1待合室で・・・」】にも書いたことである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR