31415926535 を間違いなく入力できますか

 もう10年以上も前からのことだと思うが、書留郵便については、ネットで配達状況が確認できるようになっている。だから、配達証明付で郵便を出す必要は、ほとんどなくなっている。

 とはいえ、内容証明郵便の場合は、裁判所に証拠として提出する場合のことを考えて「配達証明」付で出すのが普通だし、そうでなくても、相手に対して、「ちゃんと届けたぞ」という、当方の強い意志を感じてもらうために、「配達証明」付で出すこともある。

 いずれにせよ、「郵便追跡」の画面で、問い合わせ番号を入力して、配達状況を確認するのであるが、その際、11桁の番号を入力しなければならない。

 けれども、郵便物受領書に記載された「31415926535」といった連続した数字の並びを、間違いなく入力するのは大変である。11桁全部を覚えて入力することなど不可能だから、3桁か4桁毎に区切って入力することになる。ところが、数字が、このようにずらっと並んでいると、途中で、どこまで入力したのか分からなってしまう。

 こんな場合は、以下のように、3桁毎に区切りが入っていた方が、遙かに分かりやすい。

 31415926535
 314-159-265-35


 同様のことは、携帯電話の番号についても言える。

 09012345678
 090-1234-5678


  私の事務所では、初回相談の申込書の携帯電話の番号欄には、下記のように、3桁、4桁、4桁で区切って書いてもらえるように案内をしている。

   3桁    4桁    4桁
  [   -     -     ]  


 ところが、こう書いてあっても、実際には、3桁、5桁、3桁と区切って書く人が稀にいる。
 こうなると、次のように強制的に区切らざるを得ないようにするほかはない。

□□□-□□□□-□□□□


 こう考えながら、ふと思い出したのだが、封筒の郵便番号記載欄は、3桁、4桁に区切って書くようになっている。番号読み取りの機械が間違いなく読み取れるようにとの配慮だと思うが、区切りなく並んだ数字が読み取りにくいのは、人間だって同じである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 弁護士として、どうすれば、効率よく、的確に、情報を取得・提供できるか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR