POP広告の功罪

 久しぶりに口内炎ができた。それも二箇所ほぼ同時にできて食事にも苦労するため、治療薬を買いに近所のドラッグストアに行った。

 広い店なので探すのに苦労するかと思ったのだが、探す間もなく、「口内炎で お悩みの方」というPOP広告が目に入って来た。

 これまで、その店で商品を探すときに結構、苦労をした覚えがあり、もっと分かりやすい案内をすればいいのにと思っていたこともあったのだが、今回ばかりは、私を待ち構えていたかのようにPOP広告があったので、少し褒めてやりたくなった。

口内炎-1

 すぐに、その棚の所に行ったのだが、二種類しか置いていない。ネットで調べて、10種類くらいの中から候補を二つに絞ってから店に来たのだが、候補と考えていた種類の薬は見当たらない。

 ドラッグストアなら近くにもう一店あったので、そちらに行こうと考えた瞬間、「口内炎」という単語が耳に飛びこんできた。

 声のする方に目をやると、3メートルくらい離れたところで、店員が棚をさして、「こちらの方に色々ございますが・・・」などと言っている。近寄ってみると、そこには、口内炎の治療薬が、10種類くらい並んでいた。

口内炎-2


 POP広告は販売促進のためのもののはずなのだが、今回のように、せっかく十種類も置いているのに、そこから離れた場所にPOP広告を出して、そこには二種類しか置かないというのでは、何のためのPOP広告か分からない。

 店としては、店の推奨する二種類だけから選んでほしかったのかも知れないが、ついさっきまでの私のように、他の店に流れて行く人もいることだろう。

 




読書率の男女差  目盛り線に頼らない

 昨日の【読書率の国際比較  補助線を追加して比較する】で、最終的に以下のグラフにたどり着いた。

読書率-3

 このように目盛り線の力に頼っても、やはり、同じ値のものが斜めに並んでいるというのは、どうしても不自然な感じがする。

 そこで、男女合計の読書率を横軸、男女差を縦軸とするグラフ(散布図)を作成してみた。
読書率-4

 このグラフだと、数値の大小関係は、水平方向で左右どちらにあるのか、また、垂直方向で上下どちらにあるのか、ということになるので、非常に直感に馴染むし、分かりやすい。


読書率の国際比較  補助線を追加して比較する

 【読書する生徒の男女差(国際比較)】と言うサイトに、次のようなグラフがある。

読書率-1

 このグラフには、男子と女子とが同じ読書率の赤紫のラインが引かれている。このラインと、各国のマーカーとの距離から、以下の点が分かる。 

  ・ 日本、韓国、中国(上海)といった東アジアは、男女差が少ないこと
  ・ オランダ、ドイツ、スイスなど欧州諸国は、男女差がかなりあること

 では、たとえば、スイスと日本とで、男女合わせた読書率はどちらが高いのか。これは、すぐには分からない。

 男女合わせた読書率の高低を視覚化するには、次のようにするしかない。

読書率-2

 スイスも日本も、55%を少し上回っているが、日本の方が僅かに読書率が高いことがわかる。

 同一の値のものが水平方向、あるいは、垂直方向に並んでいるのであれば、目盛り線がなくても、ごく僅かな違いを認識することが可能である。

 ところが、今回の男女合わせた読書率のように、同一の値のものが、斜め方向に並んでいる場合は、目盛り線がなければ違いを見分けるのは困難である。

 以前の【円グラフは、こう描く】も、同じである。

----- 追記 2019.10.30 -------------------------------------------------------------------

 読書率の男女差の程度も一目で分かるようにするには、やはり、目盛り線を入れるのがいい。

読書率-3


修習辞退者

 Schulze BLOG の【72期の白表紙居住地別発送実績のデータ】という記事に、司法修習の申込後の修習辞退者の数値が掲載されていたので、グラフにしてみた。

辞退者-2


----- 追記 2019.10.29 -------------------------------------------------------------------

 一口に「辞退者」と言っても、色々あり、加えて、辞退率の計算をする場合は、何を分母にするのかも気をつけなければならない。

 ・ 試験に合格しても、司法修習生の採用の申し込みをしない者もある。
 ・ 過去の合格者で修習を控えていた者が申し込みをすることもある。
 ・ 申し込みをしたからといって採用されるとは限らない。
 ・ 採用が内定してから辞退する者もある。

 グラフの辞退率は、白表紙(司法研修所で使用する教材。表紙が真っ白のため、こう呼ばれている)を発送した数を分母として、そこから実際に司法修習生として採用された者を差し引いた数を分子として計算したものである。

辞退者-1

 

狩猟・採集・栽培・養殖 → 狩猟・採集・養殖・栽培  順番には理由がある

 味の素食の文化センターという財団法人があり、そこの【石毛直道食文化アーカイブス】に、石毛直道氏が、「図式化・マップ化によりわかりやすく示すことを得意とした。」という記述があり、具体例として、次のような図式が載っていた。

 
石毛直道-1

 「食」に関する人間の行動を分類、図式化しており、確かに、同じ内容を文章で記述したものと比較すれば、それなりに「分かりやすい」と言える。

 だが、これでも、決して十分とは言えない。

 まず、最初に引っかかったのが、「狩猟・採集・栽培・養殖」のところだ。

 どこが問題なのか、次の表を見て考えてほしい。

石毛直道-2

 このように、「原料入手」は、対象と行動の、それぞれの観点から、分類される。

 「狩猟・採集・栽培・養殖」というのは、前二つは、「取る」、後ろ二つは「育てる」行為だが、その中で、「狩猟・採集」は、対象が「動物・植物」になっているのに対して、「栽培」・養殖」は、対象が「植物・動物」と逆になっているのだ。
 
 それほど複雑な話をしているのではないので、どっちでもいいと思われるかも知れないが、「動物・植物」で統一した方が、読み手の頭は整理しやすい。

 以下の例と同じようなものである。

 叔父・叔母・姪・甥 → 叔父・叔母・甥・姪
 犬・豚・猪・狼 → 犬・豚・狼・猪
 柔道・剣道・フェンシング・レスリング → 柔道・剣道・レスリング・フェンシング
 イギリス・ポルトガル・マカオ・ホンコン → イギリス・ポルトガル・ホンコン・マカオ

 あと、細かいことを言えば、なぜ、「牧畜」が書かれていないのかが不思議である。

 「動物」を「育てる」行為のうち、魚などの水中動物を対象とするのが「養殖」、牛や豚などの陸上動物を対象とするのが「牧畜」である。

 なお、私が書いた表も細部については完璧とは言いがたい。たとえば、貝などを取るのは、普通は「狩猟」ではなく「採集」と呼ばれている。

 要するに動き回るものを捕まえるのは「狩猟」であり、じっとしているものを取るのは「採集」という訳である。貝は動物ではあるが、あまり動かないため、植物と同様、「採集」という言葉が使われているのだろう。

 

東大生の過半数がリビングで学習  それが、どうした?

 【頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある】の23頁に、こんな記述がある。

 近年の傾向を分析してみると、独立した個室よりもリビングで勉強していた子のほうが、学力をつけ、難関中学を突破。ひいては、いい高校、いい大学へ進学していることがわかってきました。
 それは実際のデータにも表れています。ある調査によると、東大生の半数以上が子どもの頃、自室ではなく家庭のリビングで学習をしていたという統計結果が出たそうです。


 この「論理」の誤りは、熱心な読者なら、すぐに分かったことだろう。

 例えば、こんな具体例だと、どうだろう。
 
リビング

 東大生のうち、個室で学習した者とリビングで学習した者の割合は、1:2 であり、一見すると、リビングの方が学習環境として優れているように見える。
 
 リビングで学習した者のうち東大生は、4÷80✕100=5%、個室で学習した者のうち東大生は、2÷20✕100=10%である。この例だと、学習環境としてリビングより個室の方が優れていることは明らかだろう。

 この種の論理の飛躍は、【割合の比較の落とし穴】で指摘したように、これまで何度となく登場している。

台風19号の被害

 【台風19号 死者86人 行方不明者8人に NHK NEWS WEB 2019.10.25 18:30】という記事に、今回の台風による犠牲者の数が掲載されている。

台風19号-1

 情報としては十分な情報なのだが、一目で分かるとは言いがたい。こんなときは、表とグラフである。

 今日は、いつもと違って、私の作成したグラフではなく、【明日に向けて(1744)洪水からみんなの命を守ろう!(千曲川決壊地点を取材して)】からの引用だ。

台風19号-2

 なぜ分かりやすいのかを列挙する。

 ・ 二次元の表になっていること
 ・ 人数が数値だけでなく、バーチャートでも表現されていること
 ・ 都道府県の順番が、南西から東北へと、ほぼ地図上の配置通りになっていること

 実は、私は、この表を見た瞬間、涙が出るほど嬉しかった。

 というのは、引用した上記のブログの作成者の守田氏には、これまでも、「分かりやすさ」のためのアドバイスをしたり、文字情報を視覚化する表やグラフを提供したことがあったからだ【明日に向けて】。

 子育ての経験はないが、はいはいしていた我が子が、一人で立ち上がるのを見た瞬間のようなものかも知れない。

 NHKの文字情報と守田氏の表とを何度も見比べて、ようやく、ここまで来たのか、と、感慨深いものがあったのだ。

 そうは言っても、この表には、まだまだ工夫の余地がある。「這えば立て、立てば歩めの親心」のようなものかも知れない。

 私の改善案は、こうだ。

台風19号-2

 どこを変えたかというと、次の3点だ。
 
 ・ バーチャートの色
 ・ 表の枠
 ・ 都道府県の順番

【1】 バーチャートの色

 元の表よりも、紫がかった、より暗い色にした。

 その方が、死や行方不明といった負のイメージに合致すると考えたからだ。

 気象庁も【気象庁ホームページにおける気象情報の色合いの統一について】の説明にあるように、気象情報の色合いについて色々と工夫をしており、大規模の被害に直結するような地震、風水害などの情報には、赤紫を用いており【本設定指針に基づく配色を用いた画面イメージ】、これにも符合すると考えたからである。

【2】 表の枠

 元の表の枠は、かなり太めで、真っ黒であり、少しどぎつく、目に優しくないし、まるで遺影の枠のようでもある。

 そこで、少し細く、色も薄い灰色にした。

【3】 都道府県の順番

 元の表の順番も、それ自体としてはいいのだが、一般的な順番に合わせた方がいい。

 旧自治省の時代に導入され、国の統計などでも広く用いられ、JIS規格にもなっている、都道府県コードがある【全国地方公共団体コード Wikipedia】。

 白紙の状態で考えれば、他にも順番はありそうだが、都道府県が東北から南西に一直線に並んでいるわけではないので、どうやったところで無理があるのだから、一般的な順番に従うのが無難である。

 以下に、都道府県コードの順番を地図とともに示す。

都道府県コード

 地図に配置した灰色の太めの矢印のとおり、地域毎に東北から南西に番号が振られている。

 ただ、九州の熊本、大分などは、逆の順番の方がいいように思うのだが、この順番になっている以上、これに従うのがいいだろう。

 なお、上記の地図は、【白地図ぬりぬり】というサイトを利用して作成したものである。

 大変便利なサイトなのだが、日本地図に淡路島や佐渡島が表示されていない点が若干、気にはなる。

 最後に読者の皆さんへのお願いだが、このブログを読んで「なるほど」と感心するだけでなく、実際に文章を書いたり表を作成したりする際に、このブログで書かれたことを取り入れていただきたい。

 ★管理人へのメールは、ここをクリック★

戦後の恩赦

 【図録 恩赦の対象人数推移】に次のような表が載っている。

 
恩赦-1

 大変よく整理されているのだが、これを見ると、戦後だいぶ経ってから急に恩赦の対象人数が増えたように見える。

 だが、この表では時間的な間隔は分かりにくい。

恩赦-2

 これを見ると、戦後間もない時期は恩赦が手中していたが、最近では、あまり行われていないことが分かる。

 皇室がらみの恩赦を右寄せにしたことにより、どんな理由で恩赦が行われたのかという概要も、一目で捉えることができる。

 恩赦と聞くと思うのだが、昼夜を分かたず捜査をして逮捕した犯人が無罪放免されると聞いた警察官は、どんな思いだろうと思う。


損益計算書

 「利益」にも色々あるということを人に説明する必要が生じて、「利益」を算出する書面すなわち損益計算書に関する分かりやすい説明をネットで探したのだが、これというものが見つからなかった。

 仕方ないので、自分で作ってみた。
 
損益計算書-2

 個々の概念を抽象的に説明できることも必要だが、それ以前に、具体的に何がその概念に該当するのかが分かることが必要である。

 子どもの頃を思い出せば分かるだろう。「犬」の定義など教えられなくても、動物と出くわす度に「犬」という言葉を聞いているうちに、次第に、自分の中で「犬」の概念ができあがり、人の側にいる小動物を見れば、それが「犬」か「猫」か区別できるようになったはずである。

 また、「分かりやすさが第一」なので、「車があるのにガソリン代が計上されていない」などの突っ込みは勘弁願いたい。
 
 もっと分かりやすい図表を見つけた方は、ぜひ、連絡していただきたい。 

★管理人へのメールは、ここをクリック★


グラフの表現力

 先日の【最高気温とマラソンのタイムの関係】では、次のようなグラフを掲載した。

マラソンタイム-2

 2014年のニューヨークは例外なので、これを除いて、2015年のシカゴ以降の記録だけをグラフにすると、こうなる。

マラソンタイム-3-1

 これを見て何か気づかないだろうか。

 私も、すぐには気づかなかったのだが、ずっと眺めているうちに、右上から左下、左下から右上と、ジグザグになっている線が、全体として、右下から左上方向に進んでいることに、気づいた。

マラソンタイム-3-2

 本来、最高気温とタイムが完全な相関関係にあるのなら、左下から右上にかけての一直線上を点が動くだけなのだが、上記のグラフのように、少しずつ右下から左上に移動しているということは、次第に、走力が衰えている、ということになるだろう。

 試しに、この逆のパターンを、タイムは変えずに、最高気温を変更することによって、作成してみた。

マラソンタイム-3-3

 もとのグラフと並べてみる。

マラソンタイム-3-2 マラソンタイム-3-4

 左右、どちらが、将来有望だろうか?

 明らかに、右のほうが、将来有望だろう。

 こういったことを色々と考えることが容易になるのがグラフである。

 表を見ているだけでは、走力が伸びているのか否かは、容易には分からない。表とグラフを再掲する。

2015年 シカゴヨークシティ 晴れ/21℃ ・・・・・・4時間04分43秒
2016年 東京ーヨークシティ 晴れ/15℃ ・・・・・・3時間41分19秒
2016年 ボストンークシティ 晴れ/22℃ ・・・・・・4時間09分46秒
2017年 ベルリンークシティ 小雨/17℃ ・・・・・・3時間58分51秒
2018年 ロンドンークシティ 晴れ/24℃ ・・・・・・4時間23分36秒


マラソンタイム-3-1


王将戦挑戦者決定リーグ  背景色の説明

 藤井聡太七段が王将への挑戦権を7人で争う挑戦者決定リーグに入ったことに関して、記事を書いた【藤井七段がタイトル獲得通算27期?】。

 今日、その挑戦者決定リーグで藤井七段が羽生九段を破ったのだが、【神童藤井聡太七段(17)完璧な名局で王者羽生善治九段(49)を降す 史上最年少王将位挑戦に大きく前進】と言う記事に、過去の挑戦者決定リーグの結果を整理した、次のような表が載っていた。

王将-1

 表を見て、すぐに目に入るのが、肌色水色の背景色の行があることだ。どういう意味か分からないので、表の下に数行ある注釈を読んだのだが、背景色に関する説明は見当たらない。

 挑戦者のうち王将位を獲得した人を肌色にしたのかと思ったのだが、それでは、水色の説明がつかない。あれこれ考えているうちに、ようやく分かった。

 6勝が肌色、4勝が水色になっているのだ。

 この間に、約1、2分を要した。最初から、注釈に書いておいてくれれば、このような無駄な時間を費やさなくて済んだはずだ。

 注釈に書く場合は、次のようにするのがいいだろう。

王将-2

 これなら、文字を探さなくても、一瞬で、肌色水色のところに視線が行き、そこに、6勝とか4勝とか書かれているので、すぐに背景色の意味を理解することが可能である。


最高気温とマラソンのタイムの関係  

 連日、マラソンの話題だが、【温暖で理想的な気候の8月の東京  根拠を精査する必要】で引用した【ロンドンマラソン参加レポート &M 2018.5.11】に、次のような筆者の記録が載っていた。

2014年 ニューヨークシティ 晴れ/9℃ ・・・・・・4時間09分06秒
2015年 シカゴ 晴れ/21℃ ・・・・・・4時間04分43秒
2016年 東京 晴れ/15℃ ・・・・・・3時間41分19秒
2016年 ボストン 晴れ/22℃ ・・・・・・4時間09分46秒
2017年 ベルリン 小雨/17℃ ・・・・・・3時間58分51秒
2018年 ロンドン 晴れ/24℃ ・・・・・・4時間23分36秒


 筆者は最高気温が高いレースは記録が悪かったと述べているのだが、左右にずれた数字を読み解くのは疲れるので、揃えてみた。

2014年 ニューヨークシティ 晴れ/29℃ ・・・・・・4時間09分06秒
2015年 シカゴヨークシティ 晴れ/21℃ ・・・・・・4時間04分43秒
2016年 東京ーヨークシティ 晴れ/15℃ ・・・・・・3時間41分19秒
2016年 ボストンークシティ 晴れ/22℃ ・・・・・・4時間09分46秒
2017年 ベルリンークシティ 小雨/17℃ ・・・・・・3時間58分51秒
2018年 ロンドンークシティ 晴れ/24℃ ・・・・・・4時間23分36秒


 数字が縦に揃って、ずっと見やすくなった。ベルリンだけ小雨で、あとは晴れだったことも、読もうとしなくても、勝手に目に入ってくる。

 見やすくなったとはいっても、数字だけでは気温とタイムとの関係を読み取るのは、やはり困難だ。 

 そんなときは、グラフである。

 
マラソンタイム-2

 これを見ると、最高気温15度のときが最も好タイムが出て、最高気温が高くなればなるほどタイムは悪くなるということが分かる。

 2014年ニューヨークは例外だが、最高気温が9度で、マラソンをするには低すぎたということだろう。

 

死者が出たロンドンマラソンより札幌は危険?

 今日の素材は、昨日の記事【札幌なら大丈夫なのか?  グラフの目盛りを揃える】の以下の記述である。
 

話は戻るが、札幌でも、8月7日の9時には25度を超えている。多くのランナーが倒れ、死者まで出たという2018年のロンドンマラソンの24.1度【ロンドンマラソン参加レポート &M 2018.5.11】を上回っているのである。

東京よりはましとはいえ、8月の日本でマラソンを行うこと自体、無謀な試みなのではないか


 問題点は、2つある。

  【1】 死者が出たことをもってロンドンマラソンが危険であったとしたこと  
  【2】 ロンドンマラソンが危険なら札幌で行うオリンピックのマラソンは、より危険だとしたこと

 【1】 ロンドンマラソンの死者の意味

 人口1000人あたりの死亡率は、7.91人である【世界・人口1千人あたりの死亡数ランキング(CIA版)】。

 2018年ロンドンマラソンの参加者数は、4万人を超えている【Wikipedia】。

 そこで、4万人のうちの何人が特定の1日に死亡するかを計算すると、

   40000 ✕ 7.91 ÷ 1000 ÷ 365 ≓ 0.87  となる。

 人口4万人の町なら、ロンドンマラソンの日に亡くなる人が1人くらいいても、全然おかしくないのである。

 従って、ロンドンマラソン参加者のうち一人が亡くなったとしても、マラソンが原因とは言い切れないのであり、ロンドンマラソン自体が危険なレースであったとは言えないのである。

 【2】 ロンドンマラソンと東京オリンピックを比較することの妥当性

 ロンドンマラソンは、広く一般市民に開かれた大会である。他方、東京オリンピックは、頂点を極めた、スポーツ界のエリートだけが参加する。

 一般市民の体力をもってすれば、ロンドンマラソンが危険なレースであったとしても、鍛え抜かれたオリンピック代表選手にとっても同様に危険なレースであるとは言い切れないはずである。


 そもそも猛暑の8月の日本でマラソン競技をすること自体が危険であるという結論を正当化するために、札幌より気温の低いロンドマラソンで死者が出たという記事に飛びつき、論理を緻密に積み重ねることを怠ったことが、昨日の記事の誤りである。

 結論に対する思いが強いと、このような論理の飛躍を起こしてしまうのは、【老舗企業は小規模企業? 全体を見なければ意味がない】に書いたとおりである。 

札幌なら大丈夫なのか?  グラフの目盛りを揃える

 東京オリンピックのマラソン、競歩は、札幌で行われることに決まったようだ【FNN PRIME 2019.10.17】。

 念のため、マラソンが行われる予定の8月9日の札幌の気温も調べてみた【気象庁の各種データ・資料】。

 分かりやすくするため、以下の2つの条件を満たす部分を淡いピンク色にした。
  ・ 6~9時(出走時刻の6時から競技が終了すると思われる9時まで)
  ・ 20~25度

 
札幌-8-9

 8時から9時にかけて急に気温が下がっているので、この日は特別な天候だったのかと思い、その前の2日間についても調べてみた。

札幌-8-7

札幌-8-8

 一目で気がつくのは、淡いピンク色の部分の大きさの違いだ。

 対比できるよう、左右に並べてみた。

札幌-8-7 札幌-8-8 札幌-8-9

 温度の目盛りが違うのだ。左の二つ(8/7、8/8)は、20~30度、右(8/9)は、10~30度となっている。

 右(8/9)のグラフが10度からの目盛りになっているは、24時の気温が僅かに20度を切っていたのが原因のようである。

 一枚のグラフを見るときは、それでいいのだが、複数のグラフを見比べるとき、このように目盛りの付け方が異なっていると、直感的に比較することが困難である。困難どころか、勘違いさえ誘発しかねない。

 目盛りを10度単位で変更できるような機能があれば、比較が容易となる。

 気象庁の過去のデータを表示するサービスは非常によくできているので、この程度の機能の追加も、容易にできるのではないだろうか。

 話は戻るが、札幌でも、8月7日の9時には25度を超えている。多くのランナーが倒れ、死者まで出たという2018年のロンドンマラソンの24.1度【ロンドンマラソン参加レポート &M 2018.5.11】を上回っているのである。

 東京よりはましとはいえ、8月の日本でマラソンを行うこと自体、無謀な試みなのではないか。

----- 追記 2019.10.19 -------------------------------------------------------------------

 本稿を素材とする記事【死者が出たロンドンマラソンより札幌は危険?】を書いた。


 
 

温暖で理想的な気候の8月の東京  根拠を精査する必要

 東京オリンピックのマラソン、競歩の会場を、東京の過酷な暑さを避けるために札幌へ変更しようという動きが加速している。

 これに関連して、東京が開催都市に立候補した際にIOCに提出したファイルの中に、8月の東京が「温暖」だという記載があり、詐欺ではないかと話題になっている【玉川徹氏、マラソン札幌開催検討で「ある意味ウソをついたことに…」五輪立候補ファイルに「温暖」の記述 スポーツ報知 2019.10.17】。

 そこで、ネットで公開されている【立候補ファイル】を見ると、実際、「温暖」という言葉があった。

 東京での2020年オリンピック競技大会は7月24日(金曜日)の開会式に続いて、7月25日(土曜日)から8月9日(日曜日)までの16日間で開催し、閉会式は8月9日(日曜日)に予定する。また、パラリンピック競技大会は8月25日(火曜日)から9月6日(日曜日)までの開催を予定する。
 この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。


 「温暖」でどころではない、「アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」と書かれている。

 熱中症による死亡事故が当たり前になっている8月の東京が、「理想的な気候」とは、誇張のレベルを超えて、はっきりいって「嘘」である【東京23区の熱中症死100人超 クーラー不使用目立つ 朝日 2019.8.19】。

 ただ、疑問に思うのは、IOCの関係者や、東京と開催都市を争ったマドリードやイスタンブールの関係者が、この嘘を見抜けなかったことである。
 
 ライバル関係にある東京の立候補ファイルに「温暖」とあるのを見て、実際に気象データを調べてみれば、東京の8月の気候が「理想的な気候」でないことは、誰でも分かるはずである。

気象庁 過去の気象データ 2019.8.9 東京
東京の気温

 
 こんな記事もある【気温がパフォーマンスを大きく左右 ロンドンマラソンでまさかの結末に……ロンドンマラソン参加レポート】。
 

4月22日(日)に行われた世界6大マラソン(Abbott World Marathon Majors=WMM)のひとつ、ロンドンマラソンは37年の大会史上「もっとも暑い」レースになった。観測された気温は24.1℃、直射日光がきつく体感気温は27℃にまで上昇。過去の記録では1996年と2007年の22.2℃が最高だった。2007年大会では選手73人が熱中症などで病院に搬送された今年も多くのランナーがレース中に倒れ、うち1人が搬送先で死亡するという事故まで起きたのだ。


 ロンドンでは24度でも死者が出たのに、午前8時前には気温が30度を超える8月の東京が、とても「理想的な気候」とは言えないことは明らかだ。

 今回の事態は、「温暖」とか「理想的」といった抽象的概念を何の検証もすることなく受け入れたことによる、当然の帰結ともいえるだろう。

 ここから学ぶべきことは、「最適」とか「最善」といった耳当たりのいい言葉を鵜呑みにするのではなく、その具体的な根拠を検証することを忘れてはならない、と言うことである。

 

複数形は、1人以上・・・

 英語の複数形の【s】の付け方が気になってネット検索をしたら、一番上に【英語の名詞を複数形にする方法:シンプルな6つのルール(例文と例外)】というサイトが出てきた。

 「シンプルな6つのルール」というのに惹かれて、そのサイトを開いてみた。

 最初の一行に、こう書かれていた。
 

本屋が一軒しかない町に住んでいることを想像してみてください。


 この一行を見た瞬間、「これはまずい」と思った。

 ストレートに本題に入ればいいのに、もって回った表現をしている。おそらく、本題に入る前に、画面を2頁分くらいはスクロールすることになりそうだ。

 実際、延々と、こんな話が続いていた。

本屋が一軒しかない町に住んでいることを想像してみてください。

そして、あなたは1つだけぽつんとあるshelf(本棚)に置かれた、一冊のbook(本)を見るのです。

  ・・・ 中略 ・・・

こんな何でも1つしかない世界、なんてつまらないのでしょう!

心配いりません。複数形があなたを救ってくれます!

実際には、あなたの街にはいくつもbookstores(本屋)があるでしょうし、

  ・・・ 中略 ・・・

こっちの方がいいですよね。


 サイトのタイトルは、「英語の名詞を複数形にする方法」となっているのであり、複数形そのものは理解している人を対象にしているように見えるのに、ここに書かれているのは、これから英語を勉強しようとする小学生を相手にするような内容である。

 しかも、本人は説得力があると思って書いているのだろうが、この文章からは「複数形」の必要性を読み取ることはできない。

 例に挙げているのは、現実世界において、物が一つしかなければ困る、複数あったほうがいい、と言うことである。

 日本語には「複数形」はないが、本屋も本も溢れるほど存在するのであり、「複数形」がないからと言って何も困ることはない。

 上記の説明は、現実世界の単数、複数の問題を、単語の単数形、複数形の問題に、すり替え、複数形の必要性を導いている点で、何の説得力もない。

 もちろん、この説明で納得する子どももいるのだろうが、そういうのを「子どもだまし」というのだろう。

 ともかく、こんな話が20行も続いて、本題に入るまで、さらに、20行ほど、どうでもいい話が続くのである。

 我慢して読み進めて行って、ようやく、本題に入ったと思ったら、こんなふうに書かれている。

英語において単数形の単語は、1人の人や1つの物、場所、考えなどを指し示します。複数形は、1人以上の人や、1つ以上の物、場所、考えのことです。


 いうもでもなく、「1人以上」というのは、「1人」を含む概念であり、「複数形は、1人以上の・・・」というのは明らかな誤りである。

 「●●以上」というのは「●●」を含む概念であることは、小学校の1年くらいで習ったはずだ。どうやら、筆者は小学生のときに、こういったことを身につけなかった人なのだろう。

 小学校1年生レベルの常識なのに、よくみかける間違いには、次のようなものがある。

   ○ こんにちは
   ✕ こんにちわ

   ○ 話
   ✕ 話し
   (名詞の「はなし」の場合であり、動詞の場合は、「話します」のように「し」をつけるのは当然である)

 間違いとはいっても、人間社会はよくできたもので、コンピュータのプログラミングのように厳密さが絶対的に求められる世界とは違って、多くの場合、曖昧さ、いい加減さ、多少の誤りがあっても、物事は大体の場合、問題なく進んで行く。

 だが、こういった間違いをする人の文章は、実質的な内容の点でも読むに値しなかったり、論理の飛躍があったり、読んで損したと思う場合が多いのも事実である。

 ネット上には様々な情報が溢れており、読むに値する情報か否かを即座に判断して、無益な情報に時間を無駄遣いしないようにしなければならない。

 普段であれば、「複数形は、1人以上」のような記載を見たら、すぐに打ち切って、別のサイトを探すのだが、今回は、その時点で、ブログの素材にしようと考えたので、引き続き読み進めて行った。

 すると、早速、こんな説明があった。
 

thやphで終わる単語の時は、シンプルに語尾にsを足しましょう。さきほどと同じです。


 単に「s」をつけるだけなら、原則通りである。ことさら取り上げるだけ無駄であるし、こんなのを読まされたら、後で思い出すときに、「th」は、「s」をつけるだけではないような気がしてくる。

 そういう点で、無益などころか、有害である。

 今回は、私も無駄を承知で読み進めたのだから、ある意味で、「期待に違わぬ」ものだった。いや、「期待以上」にブログの素材に使えそうな表現が満載だった。そういう意味では、有益なサイトだったと言えるだろう。

----- 追記 2019.10.17 -------------------------------------------------------------------

 「小学生を相手にするような内容」と書いたが、あくまで、「内容」であり、文字自体は「軒」「棚」のように小学校では習わない漢字が使われている。

 なお、小学生相手の文章を書く際に参考になる【小学校で習う漢字 学年チェック】というサイトがある。

 

大学進学率、欧米並みの80%台  数字の根拠を確認する

 以前、【欧米では・・・】で、欧米の例を無頓着に引き合いに出す愚かさについて書いた。

 今日、たまたま見つけた、富山県の市町村を合併して「大越中国」を作ろうという、郷土愛に溢れた【越中ハンザ都市構想】というサイトで、こんな記述を目にした。

  県内の大学進学率を、現在の50%前半から欧米並みの80%台へ引き上げる


 また、「欧米」である。

 だが、本当に欧米の大学進学率は80台なのか。文部省のサイト【大学進学率の国際比較】に、こんなグラフが載っていた。
 
大学進学率


 ヨーロッパ諸国を青枠□で囲み、80%の所に青い線を引いた。
 
 80%を超えているのは、アイスランド、ポルトガル、ポーランドの3か国だけである。

 このグラフを見ていれば、「欧米並みの80%台」とは、とても言えないはずだ。

 「欧米は大学進学率が高い」という思い込みだけで書いているとしか考えられない。

 せっかくの郷土愛に基づく提言も、客観的な事実の根拠がなければ、説得力をもたないだろう。

 今の時代、ネット検索すれば、たいていの統計数値は容易に入手することが可能である。数字を挙げて議論する場合は、記憶に頼らず、根拠を確認する姿勢が必要である。

 また、逆に、数字が挙げられている場合には、出典が記載されていれば出典を確認し、出典が期待されていなければ、ネット検索で可能な限り数字の根拠を確認すべきである。

ヨウ素の沸点

 【明日に向けて(1737)ヨウ素剤の配布を進めよう!災害対策の強化を、一つひとつ!】の中に、放射性物質の性質に関する説明が載っている。

ヨウ素-1

 原発事故で排出される主な放射性物質について、融点、沸点が何度かが書かれているのだが、文字を目で追っていくだけでは、なかなかイメージしにくい。

 こんなときこそ、グラフである。

ヨウ素-2-2

 グラフを見れば、ヨウ素の沸点が一番低いということが一目で分かる。

「私大は2000万、医大はそれ以上」?

 ラグビーワールドカップの対スコットランド戦で大活躍の福岡堅樹選手は、ワールドカップを最後に引退して、高校生の頃からの夢だった医師を目指すそうだが、同じく東京五輪を期に引退して医師を目指す柔道選手との対談が掲載されていた【五輪で引退、医師の道へ 柔道朝比奈とラグビー福岡 日刊スポーツ 2018.9.27】。

 その中の中で、医師になる道についての解説がある。

◆医師になるまで◆
 大学の医学部で6年間の教育を受け、医師国家試験に合格し、さらに2年以上研修医として経験を積む必要がある。国家試験の合格率は90%だが、大学の入学試験が難関で、偏差値は65を超える学校が多い。倍率も高く、私大では20~30倍の狭き門となっている。私大は学費も高額で、6年間で2000万~4000万円程度、医大はそれ以上が必要とされる。


 理解しがたいのが、この部分だ。

私大は学費も高額で、6年間で2000万~4000万円程度医大それ以上が必要とされる。


 単に「私大」とあり、言葉の上では何の限定もしていないので、「私大一般」を指すとも考えられなくはないのだが、医師になるための大学のことについて書いているのだから、この「私大」というのは、「私立の医大」のことだと受け取るのが普通である。

 そこで読み進めると,今度は、「医大」と出てくるのだから、何のことか訳が分からなくなった。

 とりあえず、「分かりやすく」、図解してみる。

医大の学費


 私大と比較すべきなのは、国公立大であり、医大と比較すべきなのは、その他の大学である。
 
 最初の「私大」というのは、私は、Aのことだと考えたのだが、実は、A+Bを指しているのか?
 次の「医大」というのは、A+Cをさしているのか?
 いくら考えても分からない。
 
 あれこれ考えているうちに、幼稚園の頃、「あいうえお」を覚えかけた頃のことを思い出した。

 大人から、「あいうえお」がちゃんと言えるか尋ねられたときのことだ。完璧に覚えたという自信はなかったのだが、とにかく覚えたということを言いたくて、あいうえお、かきくけこ、・・・と思い出しつつ、声に出して行った。

 途中で、つかえながらも、なんとか、「まみむめも」まで出てきたのだが、次が出て来ない。しばらく沈黙の時間があり、苦し紛れに、こう言った。
 

   あかさたな  


 このように、「あ行」「か行」「さ行」等と「あ段」「い段」等が、交差する概念であることが幼稚園児には理解ができず、並列的なものと誤って捉えていたわけである。
 
あいうえお

 そんな私であったが、小学校に入る頃には、何の苦もなく、「わいうえを」まで言えるようになっていたのは、もちろんである。

 なお、上の五十音表だが、や行や、わ行の書き方は色々あるようだ【五十音表の画像検索結果】。

 ★管理人へのメールは、ここをクリック★


閉館の告知  トップ頁だけでは足りない

 台風19号の影響は、電車や飛行機が止まったり、ラグビーワールドカップの試合が中止になるなど至る所に及んでいる【台風19号 3連休を直撃へ 交通機関に影響広がる FNN PRIME 2019.10.11 0:44】。

 とはいうものの、関西地方は直撃を免れ風雨も大したことはなかったので、昼過ぎに近所の図書館に傘を差して歩いて行った。

 図書館の近くまで来ても普段とは違って、ひっそりとしており、これも台風の影響かなどと、のんびり考えていたのだが、玄関の前まで来て、絶句した。

 カーテンが閉じられ、ガラスドアには貼り紙が貼られて、台風のため正午で閉館するとの告知がなされている。

 無駄足を運んでしまった。こんなことなら事前に確認すればよかったと、自分の判断の甘さに後悔しながら引き返した。

 道々、仮に事前にネットで確認していたら正午閉館の告知はあったのだろうか、という疑問が沸いてきた。

 家に戻って早速、図書館のトップ頁を開いてみると、ちゃんと告知されている【図書館】。

 
図書館開館-1

 ちゃんと告知しているのに、見なかった私が悪い、ということか。

 と思いつつ、各分館毎に開館日、開館、閉館時刻の案内をしている頁があるのを思いだし、そちらを覗いてみた【開館日カレンダー】。

図書館開館-3

 なんと、こちらには、台風による臨時閉館の案内がない。

 さらに、「京都市図書館 開館時間」でグーグル検索をすると、検索結果のトップに出てくるのが【京都市図書館 開館時間・休館日】だ。

図書館開館-4

 こちらにも、台風による臨時閉館の案内がない。

 トップ頁で告知していても、こういった頁にダイレクトに来た人には、台風による臨時閉館のことなど分からない。

 情報が的確に伝わらない場合、多くの場合、発信者に原因がある。

 今回の場合でも、図書館側が、トップ頁だけでなく、下の階層の図書館の開館時間に関する頁にも告知を載せていれば、ネットで確認しようとした人には確実に伝わる。

 けれども、発信者の側が常に的確に告知しているとは限らないのだから、情報の受け手の側も、目的とする頁が下の階層の頁の場合でも、念のため、トップ頁から本来の目的の頁まで、順に確認して行くにこしたことはない。

 今回の場合、いつもは、仕事や生活に必要な情報はもちろん、どうでもいいような情報までネットで色々と検索をしているのに、台風接近時に図書館が平常通りに開館しているか、といった大事な情報を検索もせずに出かけたのは、不覚としか言いようがない。

 本日の教訓は、何か行動を起こす際には、必要な情報を十分に自分が持っているか否か、常に考えなければならない、ということである。

「子供達へ」

 神戸の小学校で他の教師による執拗ないじめで体調を壊して担任を下りた教師から子ども達に宛てた手紙が公開されている【「子供達へびっくりしたねごめんね」被害教員からメッセージ 神戸新聞NEXT 2019.10.11】。

手紙

 「無邪気」とか、「崩し」とか、小学生に読めるとは思えない漢字が使われている。調べてみると、「邪」「崩」は中学校で習う漢字だった【漢字辞典 中学校で習う漢字一覧】。
 
 この先生は本当に子ども達に読んでもらおうと思って手紙を書いたのだろうか、そんな疑問が湧いてきた。

 手紙は、画像だけでなく、テキストデータで公開されているので、そちらを読んでみた。

 子供達へ

 急に先生が変わってびっくりしたね。ごめんね。

 私は3年連続して同じ子供達を担任してきた。初めは2年生から上がってきた小さい小さい子供達。それが最後は6年生に向かう大きくなった子供達。とても素直な児童で、行事にはまっすぐ一生懸命、学年の仲が良くみんな前向きな児童であった。


 冒頭の「子供達へ」という表現から、驚いた。ここは、「○年○組のみなさんへ」といった表現にするのが普通だろう。こんな表現が平気でできる人に先生が務まるのか疑問に思った。

 ところが、次の一行は、「急に先生が変わってびっくりしたね。ごめんね。」と語りかける口調になっており、これなら、OKだ。

 と思ったら、「素直な児童で・・・前向きな児童であった。」と文体が一変し、まるで、校長か市教委に宛てた報告書のような言い回しである。

 そして、このまま報告調で行くのかと思ったら、最後の方では「これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。」と書かれている。

 どうして、こんな文体の乱れた文章を書けるのだろうか、不思議でならない。

 ひょっとしたら、執拗ないじめの結果として心身ともに疲れ切って、まともな文章も書けなくなってしまったのだろうか。




 

任天堂の売上高  時系列で見る

 先日、【京都企業  一覧性が大事】という記事を書いたのだが、任天堂の売上高が5000億円にも満たないのに驚いた。

任天堂-1

 「驚いた」というのは、十年くらい前には2兆円近い売上だったように記憶していたからだ。

 調べてみると、【任天堂 売上高7年ぶり1兆円超え スイッチ、業績けん引 毎日新聞 2018.4.26】という記事があり、こんなグラフが載っていた。

任天堂-2


 グラフの意味を読み取るのに若干、時間がかかった。原因は二つある。 

 ・ 売上高は左目盛り、営業損益は右目盛りとなっていること。
   最大値が、2兆円と6000億円で、それほど大きな差はないのだから、同じ目盛りでも支障はないだろう。

 ・ 売上高と営業損益で、ゼロの位置が異なること。
   その結果、2017年度の売上が、ほとんどゼロのように見えてしまう。 

 グラフの見やすさの点はさておき、売上高の上下変動は凄まじいものがある。数年で3分の1以下に減ったかと思うと、翌年は倍増するなど、普通の企業では考えられないことである。

 鉄道会社であれば、前年比で±数パーセントであろう。

 鉄道、電力などのように社会の基盤となる企業は、誰にとっても必要不可欠であり、また、年によって大きく需要が変動することもない。

 任天堂も、トランプ、花札などの伝統的商品については需要が安定しているはずだが、主力商品はゲーム機だ。そこで、調べてみると、ここ十数年のゲーム機の販売台数に関するグラフがあった【任天堂ゲーム機の販売動向をグラフ化してみる(主要ハード編)(最新)】。

任天堂-3


 グラフを見ると、次のことが手に取るように分かる。
  2~4年ごとに新型機が投入され、
  1、2年で、ピークを迎え、
  数年で、ほとんど売れなくなる。

 たまたま、新型機が大ヒットすれば、一気に売上が増えるし、新型機の導入が遅れれば、どんどん売上は減っていく。

 任天堂のような収益構造の企業は単年度だけで業績を見たら、誤った評価をしてしまう。

ネット検索で自己診断?  

 体に異変を感じたとき、ネットで検索すれば、大抵のことは分かる・・・ような気がする。

 そんな風潮に警鐘を鳴らす記事がある。

 【医師の9割が「一般人がネットで正しい情報を得るのは、容易ではない」】という記事で、医師がどう考えているかという調査結果のグラフが掲載されている。

ネット情報-1


 よく見れば、分かることは分かるのだが、もう一工夫ほしいところである。

ネット情報-3

 ・ 「容易にたどり着ける」を灰色から緑にして、ネット検索に肯定的な評価であることを直感できるようにした。

 ・ 各区分の凡例が長いため、一瞬では分かりにくいので、ぱっと見ただけで分かるように、核心部分の数文字を太字で赤または緑にした。



京都企業  一覧性が大事

 「Wa! 京都を発掘する地元メディア」というサイトに【京都の大手企業10選&老舗・中小・ベンチャー企業5選】という記事があり、そこに、「京都の大手企業10選」というのがあった。

 西陣織、友禅染、清水焼といった伝統産業のイメージが強い京都だが、ノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏が在籍する島津製作所をはじめ、京セラ、ローム、任天堂など、ITを中心とした最先端の大手企業の本社も数多くある。

 そういった京都の大企業を、就職活動を控えた大学生の目から整理しているのだが、非常によく、整理されている。

 ただ、全て文字情報だけであり、一覧性に乏しいので、表に整理してみた。

京都企業


 文字情報、それも、普通の文章だと、一つ一つの説明は十分に理解できても、改めて、10の企業を比較しようと思った場合、画面を何度も上下にスクロールしなければならず、大変な作業になる。

 これに対して、表形式になっていれば、一目で比較できるし、そこにデータバーが使われていれば、数値の大小関係も一瞬にして分かるのであり、これだけ便利なものを使わない手はないだろう。

 なお、元のサイトは非常によくできているのだが、いくつか厳密性に欠ける部分もあるので、指摘しておく。

 ・ 企業名に㈱が入っているものと入っていないものがある。
 ・ 大半は創業年だが一部に設立年が記載されたものがある。
 ・ 従業員数について、単独と連結のそれぞれが記載されているものがあるが、どちらか明示されていないものもある。
 ・ 売上については、単独か連結かは全く示されていない。

東京三会の一般会計 

 東京三会(東京にある3つの弁護士会:東京、第一東京、第二東京の各弁護士会)の一般会計について、【Schulze BLOG】に掲載された数値をグラフにしてみた。

東京三会・一般会計


・ 元の表は、一弁、二弁、東弁の順に並んでいたのだが、慣習に従って、東弁、一弁、二弁の順にした【慣習には逆らわない】。

・ 色分けも、最初は緑と赤にしようかと思ったのだが、これも、一般的な色遣いに合わせて、青と赤にした。
 
会計グラフ
会計+棒グラフによる、グーグル画像検索結果












ノーベル賞の発表時刻  比較の対象を間違えない 

 昨年に続いて今年も日本人のーベル賞が期待されるが、生理学医学賞の発表まで、あと十数時間と迫っている(10/6・日・23:50 現在)。

 念のため、【ノーベル財団のウェブサイト】を見たところ、発表までの時間が秒単位まで表示されており、その数字が、文字通り刻一刻と減って行く。

ノーベル賞発表-1
右下の時計は、パソコンのデスクトップに貼り付けた時計

 表示のとおり、あと11時間強ということは、7日の午前中の発表ということになるが、例年は、午後6時過ぎだったように思う。

 そこで、画面をスクロールすると、こんな表示があった。

ノーベル賞発表-2

 ストックホルムの現地時間で午前11時30分というのだから、時差が7時間ある日本では午後6時30分であり例年通りである【Time-j.net 世界時計 - 世界の時間と時差】。

 ということは、あと18時間あまり後ということになり、冒頭の「11:37:38」というのは、大きな誤りということになる。

 では、いったい、どうして、こんな間違いが生じたのか。数字を眺めているうちに、原因が分かった。

ノーベル賞発表-4

 上の図のとおり、ストックホルム時間の発表時刻から日本時間の現在時刻を引き算して、「11:37:38」と表示しているのだ。

 発表時刻から現在時刻を引き算すること自体は正しいのだが、引き算をする以上は、現地時間同士、あるいは、日本時間同士の引き算でなければ何の意味もない。

 本来、比較すべきでないものを比較して引き算をしたために、こんな間違いが生じたのだ。

 翻って考えると、ノーベル財団のウェブサイトの担当者は、発表時刻から、使用しているパソコンに設定された現在時刻を引き算したのであり、これなら、ともにストックホルム時間同士の引き算であり、正しい時間が計算される。

 けれども、世界中のパソコンがストックホルム時間に設定されているわけはなく、それぞれ各地の時間が設定されている訳であり、その時間を現在時刻として、ストックホルム時間の発表時刻から引き算をしたために、上記の間違いが生じたという訳である。

 ウェブサイト担当者が、パソコンの現在時刻ではなく、ストックホルム時間の現在時刻を差し引くようにしていれば、こんな問題は生じなかったのである。

 今回の間違いも、情報の受け手の様々な属性に対する配慮が欠けていたために生じた間違いである。

 ★管理人へのメールは、ここをクリック★

----- 追記 2019.10.7 -------------------------------------------------------------------

 ノーベル財団のウェブサイトの間違いについては、その後、毎日新聞が報道している【毎日新聞 2019.10.7 13:49 ノーベル賞カウントダウン 7時間早く「Live!」 財団サイト】。



  

「ペイオフ解禁」街頭インタビューの謎 「他人の痛みは私の痛み」?

 十数年前まで、銀行が破綻しても、預金は預金保険機構によって全額、払戻を受けることができる制度だったが、制度が変わり、1000万円を超える預金は保護されなくなった。いわゆる「ペイオフ解禁」である。

 ペイオフがどうなろうと私の懐とは関係ない話だったのだが、そのころ、テレビ各局が報じる「街の声」を聞いて不思議に思った。

 みな、深刻そうな顔で「困ります」と述べているのだ。

 そもそも、A銀行に1000万円、B銀行に1000万円、C銀行に1000万円と分散して預けていれば、3つの銀行が破綻しても、全額が保護されるのである。

 つまり、どんなに金持ちでも、1000万円ずつ銀行に分散して預金をしておけば、全額が保護されるのだから、ペイオフの心配などいらないのだ。

 ただ、1億円も預金があれば、10行に分散しなければならないのだから、若干、面倒と言えば面倒だが、深刻に悩まなければならないほどの問題ではないだろう。

 確かに、5億、10億ともなれば、50行、100行に口座を開設しなければならないのだから、かなり煩雑になり、悩みも大きくなるだろう。だが、5億を超える預金を持っている人が一体どれだけいるのだろうか。

 【野村総研】によると、こうなっている。
 
金融資産

 世帯単位で、5億円以上の金融資産を持っている数が、8.4万世帯であり、夫が3億、妻が2億でも計算に入っているのだから、個人単位で5億円以上の金融資産を持っている人の数は、8.4万人より少ないことは間違いない。

 また、「金融資産」は、預金だけでなく、保険、株式なども含まれる。【日経新聞】によれば、預金は金融資産のうち半分程度である。

金融資産内訳


 そうすると、5億円以上の預金をもっている人など、8.4万人より、ずっと少ないことだろう。

 このように、8.4万と言う数字が、「世帯当たりの数字であること」、「預金ではなく金融資産についての数字であること」を考慮すれば、大雑把な感覚に基づく数字として、5億円以上の預金をもっている人は、せいぜい、2万~3万人程度だろう。

 こういった街頭インタビューを受けるのは、少なくとも20歳以上であり、高額の預金を持っている人も20歳以上と考えられるから、街頭インタビューを受ける可能性のある人の中で、5億円以上の預金を持っている人は、ざっくり、日本の人口から未成年者の数を除いた1億人のうち、2万~3万人である。

 つまり、1万人に街頭インタビューをしても、5億円以上の預金を持っている人は、2、3人しかいない訳で、インタビュアーが街頭に繰り出しても、そんな人に出くわす可能性は、ほとんどない、と言うことになる。

 そうすると街頭インタビューで深刻な顔をして「困ります」と答えている人は、いったい、何を心配していたのだろうと思うのである。

 単に、「銀行が破綻したら、これまでは全額保証されていたのに、これからは保証されない場合がある」という情報だけで、自分にとっての現実的な意味など考えることなく、「大変だ」と考えていたのである。

 ひょっとしたら、自分のことだけを考えれば対して困る話ではないことは理解しつつも、他人の痛みを我がこととして感じることのできる、「心優しい人々」だったのかも知れない。

 あいにく、私は、超富裕層の悩みを我がこととして感じることのできる優しさは、持ち合わせていない。

----- 追記 2019.10.6 -------------------------------------------------------------------

 注意深い読者の中には気づいた人もいるかもしれないが、野村総研の図は、「金融資産」ではなく、「金融資産」に関するものである。

 以下の計算式のとおり、純金融資産の額は金融資産の額より小さくなる。
 
 純金融資産 = 金融資産 - 負債

 従って、5億円以上の「純金融資産」を有する世帯が8.4万世帯ということは、負債を含まない「金融資産」が5億円以上の世帯は、8.4万世帯よりも多いことになる。

 もっとも、その点を考慮したとしても、5億円以上の預金を持っている人が、1万人のうち10人を超えているとは、とても考えられないことであり、「街頭インタビューの謎」が解消するわけではない。

 



新旧・司法試験の結果 2004~2019

 【司法試験の結果 2006~2019】に2006年に始まった新司法試験の受験者数、合格者数・率のグラフを載せたが、これに、旧試験の数字を加えてグラフにした。なお、基礎となった数値は、【Schulze BLOG 平成18年~令和元年 (新)司法試験結果(まとめ)】と、そこで紹介されていた【法務省のサイトの情報 平成16年~平成30年】とに基づく。

司法試験新旧合格者


 前のグラフは、合格率以外は棒グラフにしたが、新旧の情報を棒グラフにすると煩雑になるので、すべてを折れ線グラフにした。

 旧試験をオレンジ色、新試験を青色にしたのは、【司法試験、司法書士試験の合格者の平均年齢の推移】のグラフの色遣いに合わせたものだ。

 新旧試験ともに、受験者数は淡い色とし、合格率は点線にした。

 旧試験の受験者数は新試験とくらべると格段に多かったので、普通にグラフを作ると、とてつもなく縦長のグラフになるが、長さを普通にすると、今度は、合格者数の変化が読み取れなくなってしまう。

 そこで、1万人以上の部分については、高さを7分の1位に圧縮し、目盛りを5000人刻みとした。

 その結果、若干長めではあるものの、適度な長さに収まり、かつ、合格者の変化を読み取ることもできるグラフとなった。

「合格率50%を超え首位返り咲き」  合格率トップ?

 【慶應塾生新聞 2019.9.30】の記事に、こんな見出しがついている。

2019年司法試験合格者発表 慶大、5年ぶり合格率50%を超え首位返り咲き


 「合格率50%を超え首位返り咲き」とあるのだから、誰が見ても、合格率で首位になったと思うだろう。

 記事には、次のような表が載っている。

 
慶應合格者

 これを見ると、慶應の合格率は、京大、一橋、東大に次いで第4位である。

 他方、合格者数については、確かに首位である。

 「合格率で首位」とは言っていない、と弁明するのだろうか?

 愛校心から母校の誇りとばかり、「首位」を強調したかったのだろうが、こんな詭弁を弄するようでは、逆効果だろう。

 福澤先生に叱ってもらおう。 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 ???

 ところで、「慶應塾生新聞」なるものの存在を知ったのは、【Schulze BLOG】で紹介されていたからだ。

 司法試験や法科大学院に関する情報が、網羅的に整理されており、関心のある人にとっては、非常に役に立つ情報源と言える。

 私も、司法試験の情報などは、かつては法務省のサイトを見ることが多かったのだが、最近では、こちらのサイトを見ることの方が多くなった。

 というのも、法務省の情報は単年度限りの情報が多く、時系列で見ようと思ったら、あちこちの頁を見なければならず、非常に煩雑だからだ。

 そういった、あちこちに点在する情報を、一つに整理してくれている点で、非常に便利なサイトである。

 ただ、惜しむらくは、文字情報だけで、グラフなどが殆どないため、数字の意味を読み取るのが大変だったことだ。

 そこで、半年くらい前から、私がグラフを作成して提供するようになったのだ。

 その間の経緯については、【Schulze BLOG 2019.2.23 記事のコメント欄】の3番目以下のコメントでのやりとりのとおりである。

★管理人へのメールは、ここをクリック★
 


住民投票が行われ、・・・否決されている。  文の流れのフェイント

 NHK放送文化研究所の【文研ブログ #210 地域サービスとしてのジャーナリズムの取り組みと課題 ~ 英米の事例から】と言う記事で、全国ニュースも国際ニュースも地方の視点で伝えると、どんなニュースになるか、ということが述べられている。

 その記事の中で【『BBCの取り組みと地域ジャーナリズムの課題』】が紹介されている。

 イギリス(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)からのスコットランド独立の動きに触れた一節に、次のような一文があった(42頁)。

連合王国からの独立をめざす動きも根強くあり,2014 年には独立を問う住民投票が行われ,55対45の割合で否決されている。 


 読んでいて、一瞬、混乱しそうになった。問題点が分かるように、3行に分けてみた。

   【1】 連合王国からの独立をめざす動きも根強くあり,
   【2】 2014 年には独立を問う住民投票が行われ,
   【3】 55対45の割合で否決されている。

  【1】【2】ともに独立方向の内容であり、何の留保もなければ、次に来る【3】も、独立方向の内容だと予測する。

 ところが、実際の【3】は、独立と反対方向の内容であり、肩すかしをくらったような気になってしまう。

 ここは、「順調にはいかない」ということを示唆するために、「行われ」ではなく「行われたが」とすべきだろう。

   【1】 連合王国からの独立をめざす動きも根強くあり,
   【2】 2014 年には独立を問う住民投票が行われたが,
   【3】 55対45の割合で否決されている。

逆接-3


 ここまで読んで、既視感(デジャブ)を覚えた方もいるだろう。

 カリフォルニア州の三分割を巡る住民投票を報じる記事の中の下記の文章だ。

同州で伝統的に強い地盤を有する民主党も、分割案には否定的な立場とみられる。州南部には共和党が強い地域があり、分割で政治的影響力が低下する恐れもあるためだ。仮に住民投票で賛成が多数となれば民主党が多数を占める州議会にかけられることになり、否決される可能性が高い。


逆接-2


 詳細は、【カリフォルニア州三分割 予測を裏切らない文章を書く 】を参照されたい。

 逆接-3逆接-2



ノーベル化学賞分野別一覧  時間感覚の可視化

 ノーベル賞の発表が10月7日(月)と迫ってきて、ネット上では、様々な団体、個人が受賞者の予想を行っている。

 そんな中、化学の専門家が予想するサイトに、化学の分野別の受賞実績を整理した「周期表」が載っている【Chem-Station 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?】。

 「周期表」といえば、メンデレーエフの「元素周期表」だが、以下に掲載した周期表は、「一目で分かる」とは言いがたい。

 
ノーベル化学賞分野別-1

 やはり、時間の間隔を可視化しなければ、「分かりやすさ」は半減する。

ノーベル化学賞分野別-2

 記事の中では「周期表」に基づき色々と分析をして、たとえば、「 有機化学は4〜5年に一度のペースで受賞している」と書かれているのだが、このことを冒頭の「周期表」ら読み取るには数秒はかかるが、下の表だと、一瞬にして読み取れる。

 【時間に関する記事

----- 追記 -------------------------------------------------------------------

 分野別に色分けした方が分かりやすい。

ノーベル化学賞分野別-4

 色が多すぎて多少、疲れるが、こちらの方が、より直感的に分野別の受賞間隔を把握できる。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
素材、分野別の表示
★ 下記の言葉をクリックすると、関連記事が表示されます。

修飾関係 大学 将棋 司法試験 配置の一致 色彩 IT 外来語 官公庁 論理の飛躍 マスコミ 時間 英語 グラフ 政界 法曹界 地図・案内図 スポーツ 原発 学校 錯覚 NHK 主語述語 京大 言葉の意味 エクセル インターネット 一般企業 東大 指示語 読点 テレビ テレビ朝日 地方自治体 法律 家電製品 図書館 裁判所 

プロフィール

「時間泥棒」仕置人 (改称予定)

Author:「時間泥棒」仕置人 (改称予定)
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク