犯罪取締りを強化しよう

 人が何らかの論理的な主張をする場合、単純化すると、次のような構造になる。
 

 ① Aという事実があれば、Bであるべきだ。
 ② 具体的にAに該当する事実が存在する。
 ③ よって、Bであるべきだ。

 

①は価値判断に関わる部分であり、②は事実認識に関する部分であり、この二つを組み合わせると、その結果として、論理的に、③が導かれる。

 たとえば、こんな具合だ。

 ① 犯罪が増えている【A】ならば、犯罪の取り締まりを強化【B】すべきだ。
 ② 殺人事件が増えている。
 ③ よって、殺人事件の取り締まりを強化すべきである。

 

 仮に①の価値判断が正しくても、②の事実認識に誤りがあれば、誤った結論③が導かれることになる。

 では、上記の②は、真実か?

 次の表を見てほしい。
 

殺人統計
殺人被害者統計

 意外に思われた方が多いのではないだろうか。

 殺人事件は、単に「増えていない」どころの話ではなく、「大幅に減っている」のである。具体的には、この60年間で、殺人事件の被害者の数は5分の1に激減しており、人口10万人あたりの被害者数は、2.4人から0.3人へと、8分の1に減っているのである。

 私自身、殺人事件が減っているという認識はあったもののの、これほどまでに減っているとは、つい、さっきまで知らなかった。

 池田の小学校での殺傷事件、秋葉原の路上での殺傷事件、相模原の施設での殺傷事件などが、これでもかというほど、テレビのワイドショーなどで取り上げられることによって、知らず知らずのうちに、殺人事件が増えているといった誤った認識が受け付けられて行くのだろう。

 多くの人が、誤った認識に基づいて、誤った主張をして、その主張に基づく政策が現実化して行くとしたら、民主主義とは、恐ろしい制度である。

現在のページは?

 ネットで見るブログやニュースなどが数頁にわたっていることがある。

 そんな場合、記事の下のほうに頁番号が並んでいて、その頁番号をクリックすることによって、該当頁を開くことができるようになっている。

 たとえば、こんな具合だ。

次ページ1


 上の段も、下の段も、現在、3頁目を開いていることは一目瞭然であり、次の頁を見たければ、「4」をクリックすればよい。

 作成者は、上の段の場合、現在頁を目立つように背景を赤にしたのだろうし、下の段の場合は、移動先の頁が目立つように背景を赤にしたのだろうが、どちらの考え方にも一理あり、どちらが優れているということはない。

 では、こんな場合は、どうだろうか。

次ページ2


 現在開いている頁が、1頁目なのか2頁目なのか判然としない。

 おそらく、テンプレート(ブログ記事などを一定の形式で表示するための雛型)の作成者は、3頁以上ある場合を想定して作成し、2頁しかない場合は「想定外」だったのだろう。

伝えるべき情報は何かを意識する

 留守番電話に残されたメッセージを鮮明に聞き取れないことがある。少しくらい聞き取れなくても、たいていの場合、文脈から補って意味をとることはできる。

 たとえば、こんな具合だ。
 

こち●●、神戸●●姫●支部の●●●の鈴木です。昨日期日の●●●た平成28年(ワ)の第25796号●●の件で、お●●したいことが●●●●ので、お●●下さい。電●●号は、079-223-2721です。


 3分の1が聞き取れなくても、以下のように、理解することができる。
 

こちらは、神戸地裁姫路支部の書記官の鈴木です。昨日期日の開かれた平成28年(ワ)の第25796号事件の件で、お話ししたいことがありますので、お電話下さい。電話番号は、079-223-2721です。


 困るのは、こんな場合だ。
 

こちらは、神戸地裁姫路支部の書記官の鈴木です。昨日期日の開かれた平成28年(ワ)の第25796号事件の件で、お話ししたいことがありますので、お電話下さい。電話番号は、079-223-27●●です。


 なぜか、メッセージの後ろの方、特に電話番号など肝心な情報を伝える場面で、急に早口になったりする。数字の場合、一つ欠けても、文脈から補うなど不可能なことである。

 私が留守電にメッセージを残す場合、こちらの電話番号については、逆に、他の部分の倍くらいの時間をかけて、ゆっくりと発音し、さらに、それを繰り返す、ということをしている。

 それだけ気をつければ、先方が電話番号を聞き取れなくて、折り返しの電話に苦労するということはないはずである。

 数字の場合、文脈で補うことは通常は不可能なのだが、数字が常に重要というわけでもない。

 たとえば、こんな場合だ。
 

こちらは、神戸地裁姫路支部の書記官の鈴木です。昨日期日の開かれた平成28年(ワ)の第25●●●号事件の件で、お話ししたいことがありますので、お電話下さい。電話番号は、079-223-2721です。


 こちらは京都の事務所である。神戸地裁姫路支部の事件と言えば、過去25年間で2件しか受任したことはない。だから、神戸地裁姫路支部というだけで事件は特定されるのである。

 もちろん、京都地裁からの電話だと、第○民事部○係というところまで言われても、事件が特定できないことがある。そんな場合は、当時者名を言ってもらうのが、ありがたい。

 事件番号を言う書記官もいるが、弁護士事務所は、裁判所と違って事件番号で管理しているわけではない。

 私は、事件の相手方の弁護士の事務所に電話するときには、事件番号ではなく当事者名を言う。それで、十分なのだ。

 他方、裁判所に電話をするときには、事件番号を言うようにしている。当事者名を言っても、よほど印象的な事件でない限り、書記官には分からない。

伝えるべき実質的な内容は同じでも、相手の事情【知識、関心、態勢など】に応じて表現は変えなければならないのである。

こんなことを偉そうに言っている私であるが、相手に理解してもらえなくて説明が不味かったなと反省することは、数知れない。

検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR