夫は妻のように歌が上手でない・・・括弧をつけても解消できない曖昧さ

 朝日新聞に「言葉の食感」というに連載があるが、そこに掲載されていた文例だ。

夫は妻のように歌が上手でない
           【言葉の食感 誤解の「予防注射」 2015.8.1


 筆者は、この文は3とおりに理解できるとして、意味を明確にするには、次のようにすればいいと解説している。
 

【1】 夫は妻と違って歌が下手だ。
【2】 夫は妻ほど歌が上手ではない
【3】 夫は妻と同じで歌が上手でない


 数式の場合、計算順序を一義的に明確にするため、括弧が用いられるが、文の場合も、修飾、被修飾の関係を一義的に明確にするために、括弧をつけることも考えられる。上記の【1】~【3】の意味になるように括弧をつけると、次のようになる。


【1】 夫は【妻のように歌が上手】でない
【2】 夫は【妻のように歌が上手】でない
【3】 夫は【妻のように】歌が上手でない


 括弧をつけて修飾・被修飾の関係が明確になると【3】の意味は明確になるのだが、【1】【2】は、修飾・被修飾の同関係では区別できない。

 つまり、この文が多義的なのは、修飾・被修飾といった文の構造の問題だけではないということだ。

 この文では、「のように」の意味が多義的なことに原因がある。

 否定の【ない】を除いた【妻のように歌が上手】の部分は、次の二とおりに意味がとれる。

【A】 妻と同じく、歌が上手
【B】 妻と同じ程度、歌が上手

 
 【A】においては、「のように」というのは、「上手か下手か」の二者択一において、妻と同じ、と言っているのに対し、【B】においては、「上手」にも何段階かあり、その「上手」さの「程度」において、妻と同じ、と言っているのである。
 
のように
検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR