エレベータの開閉ボタン


 エレベータの開閉ボタンである。

矢印ボタン

 ふだん見かけるのは、左の図で、右の図は、私の創作だ。

 エレベータで開閉ボタンを押すとき、一瞬、どっちが開くで、どっちが閉じるか、迷うことがある。三角形の向きを考えれば明らかなはずなのだが、一瞬、迷ってしまうのだ。

 実際、迷うのは私だけではなさそうで、マークと一緒に「ひらく」「とじる」と文字を併記しているものも、ときおり見かける。

 分かりやすくするために考えて作ったのが右の図だ。矢印の先端の三角形に根本の直線部分がセットになることによって、より図形の向きが明確になる。

 左の図の開閉ボタンを最初にデザインした人も、おそらく、はじめは右の図のようなものが頭に浮かんだに違いない。ただ、それでは、単なる矢印を二つ画いただけで芸がない、直線部分を取り除いて、三角形だけにしても、方向は明らかだし、その方が、デザインとして抽象化され、洗練された感じになる。そう考えて、左の図が採用されたのだろう。

 ところが、矢印【→】から直線部分を取り除いて先端の三角形だけになると、図形の差し示す方向が必ずしも明確ではなくなるだ。

 その結果、どちらが開くで、どちらが閉じるか、一瞬ではあるが、迷う結果になったのだ。「分かりすさ」という観点からは、「洗練されたデザイン」は諦め、泥臭くても、より直感的に理解できるデザインにすべきだったのだ。

 このエレベータボタンの分かりにくさは、【[分かりにくさ」の原因は、これだ】で書いた、メールの「件名」を「格好よく」「体言止め」にしたために、かえって分かりにくくなるのと、同じ構造である。

 余談だが、以前、そもそも、閉じるためのボタンは不要だという意見を目にしたことがある。開くためのボタンは、人が挟まれそうになったとき、あるいは、後からエレベータに乗り込もうとする人のために、必要なことは明らかだが、一定時間経てば自動的にドアは閉まるのだから、せっかちの人のために閉じるためのボタンを用意する必要はないということだった。

 一理あるものの、深夜に一人でエレベータに乗った場合、少し遅れて乗り込ん来ようとする見知らぬ人と二人きりで密室で過ごしたくないという需要もあるだろうから、閉じるボタンも必要なのかもしれない。



「忘れました」「失念しました」

【1】 「忘れました」  「失念しました」


 こどもは、宿題をやってこなかった場合、「忘れました」という。他方、大人になると、同様の場面では、「忘れました」とは言わず、「失念しました」と言うことが多い。

 なぜか。

 「失念しました」より、「忘れました」の方が、生々しく聞こえて、そのことに対する非難が何となく大きく感じられるからである。

 「忘れる」という大和言葉よりも、「失念する」という漢語の方が、より抽象的で、その言葉の持つ意味が希薄化される。だから、意味を薄めたい場合は、漢語を使うのである。逆に、相手に訴えかけたいときは、漢語よりも大和言葉を使う方が効果的である。

 これと似た例を挙げよう。

【2】 「差し引く」  「控除する」


 例えば、裁判で和解をして相手方から和解金を受け取ったとする。

 この場合、全額を依頼者に送金した上で報酬を請求するという面倒なことをせず、受け取った和解金から弁護士報酬を控除して送金するのが普通である。その際、依頼者の方への説明の文書に、事務員さんが、「弁護士報酬を差し引いて」と書いていたのを、「弁護士報酬を控除して」に改めてもらったことがある。

 というのも、「差し引いて」の方が、より生々しく、せっかく相手から入ってきたお金が弁護士費用のために目減りしてしてしまうという感覚がもたげてくるのに対し、「控除して」だと、具体的に弁護士に支払うというよりも、何か、自動的に、そのようになっているような感じがするからである。

  上の2例は、大和言葉と漢語の違いだが、同じ漢語同士でも、言葉の持つ意味の生々しさが異なる場合がある。

【3】 「武器輸出」  「防衛装備移転」


 「武器」と言えば、拳銃、自動小銃、手榴弾など、人が血を流す場面が容易に想像される、人を殺すための生々しい道具が想起されるのに対し、「防衛装備」と言えば、レーダー追尾装置、哨戒機など、人の生死とは直結せず、従って、人が血を流す場面との結びつきが少ないものが想起されるのである。

 また、「輸出」は、武器の所有権、占有が日本から外国に移るだけでなく、その対価として、金銭が日本に入ってくることを明確に意識させる。他方、「移転」は、専ら、前者の側面しか意味していない。その結果、武器を輸出して金を儲けるといった、いわゆる「死の商人」のイメージからも遠くなるのである。

 だからこそ「武器輸出」を解禁したい人達は、「防衛装備移転」などと言う言葉を持ち出すのである。

 これまで見たように、伝える情報としては、まったく同じであっても、どの言葉を選ぶかによって、その効果は異なる。だから、自ら情報を発信する場合には、どの言葉を選ぶのが効果的か考える必要があるし、他方で、情報の受け手となった場合には、言葉の印象に惑わされることなく、実質的に何を指しているのかを明確に意識しなければならないのである。



法に触れる子ども達

 各地の弁護士会のホームページでは、弁護士会の様々な委員会の紹介を行っているが、以前、「法教育委員会」について次のような紹介文が掲載されていた(一部、改変しています)。
 

次世代を担う子どもたちに、法に触れ、物事をいろいろな角度から考える法的思考力を身につけてもらうことを目的とした委員会です。


 何か感じなかったろうか。

 問題は、「法に触れ」という部分である。「触れる」というのは、「接する」とか「慣れ親しむ」という意味と、「抵触する」という二つの意味を有しており、執筆者は、もちろん前者の意味で使ったのだが、後者の意味にとると、とんでもない話ということになるのである。

 
 実は、この話は、ある裁判官からフェイスブック上で指摘されたことである。

 その後、この指摘を受けて、現在では、次のようになっている。

次世代を担う子どもたちに、法に接し、物事をいろいろな角度から考える法的思考力を身につけてもらうことを目的とした委員会です。


 指摘されれば、あまりにも当たり前のことであるのだが、自分が文章を書くために言葉を選択する際には、知らず知らずのうちに多義的な言葉を使ってしまい、読みようによっては、全く違った話になってしまうのである。
 

部活動での体罰について担当者を決めて調査することになったので、私が手を上げました。


 これも、「手を上げる」に、「率先して申し出る」という意味と「暴力を振るう」という意味があることから、「それはないだろう」という話になるのだ。

 つい最近、こんなのを目にした。なぜ弁護士になろうと思ったかという問いに対する答えだ。

困った人を助けたいと思ったからです。


 これも、「困った人」に、「自分自身が困っている人」という意味と「自分勝手な振る舞いで周囲を困らせている人」という意味があることから、思わず首を傾げてしまうのだ。


証拠説明書は、表に限る

  証拠説明書の書き方だが、下の2例を比較してほしい。

証拠説明書-文章

証拠説明書-表

  どっちが優れているか、言うまでもない。

「言うまでもない」と言ったものの、未だに、上のような書き方(文章形式)の証拠説明書を目にすることがあるので、簡単に、説明しておく。

まず、情報量としては、全く同じである。ただ、文章形式では、「標目」とか「原本・写し」といった項目名が何度も登場する。

 裁判所が原本確認をする場合、何号証と何号証について確認をすればよいかを見るには、表形式なら、「原本・写し」の列を縦に見ていけば足りるのに対して、文章形式だと、「原本・写し」と書いている場所を探さなければならない。

 立証趣旨にしても、似通った立証趣旨が書かれている場合、それを比較しようと思ったら、表形式だと右の一列を縦に見ていけばいいのだが、文章形式だと、わざわざ、立証趣旨と書かれている場所を探さなければならない。

先日の記事【改頁に注意】で、「(情報の)結びつきは必ずしも一次元的なものではなく、二次元的なものもあり、その場合は視覚的にも二次元的に表現したほうが、ずっと理解しやすい」と書いたが、こういうことである。

 もう一つ、表形式の利点を挙げると、10号証くらいまでが、1頁に収まる点である。いちいち頁をめくらなければならないのと、一覧できるのとでは、負担感は全然違う。私は、相手方準備書面なども、コピー機の「2イン1」機能を利用して、A4用紙1枚に2頁分を印刷して読むようにしている。その方が、全体を見通し易いからである。一度だけ、4頁を1枚に収めたことがあるのだが、さすがに、字が小さすぎたので、やめにした。

  最後に、表の甲3、4の作成者欄を見てほしい。「京都銀行 市役所前支店」「一級建築士 安藤忠雄」のところだが、わざわざ、改行して、下の行は2文字だけ右に寄せているのである。これも、「分かりやすく」するための工夫である。

改頁に注意

 あるアンケート調査の設問である。 

 「弁護士は敷居が高い」と言われることがありますが、あなたは、どう思いますか。

  (1) そう思う。
  (2) どちらかといえばそう思う。
  (3) どちらともいえない。
  (4) どちらかといえばそうは思わない。

 この設問は、用紙の一番下にあった設問なのだが、頁をめくると、次のようになっていた。 

  (5) そうは思わない。


 思わず、「何だ、これは」と叫びそうになった。
 5つの回答から一つ選択させるのなら、選択肢は、同じ頁になければならない。まるで、5番を選ぶなと言っているようなものである。

 アンケートで、こんな例もある。 

1 あなたの居住地
 ・京都府
 ・大阪府
 ・兵庫県
 ・その他

2 あなたの勤務先

      改頁 

 ・京都府
 ・大阪府
 ・兵庫県
 ・その他


 前の頁の設問が「あなたの勤務先」であることを忘れる人は稀であろうが、それでも、うっかりする人も出てくるだろうし、読み手には、無用な負担となる。

 改頁については、他にも気をつけるべきことがある。エクセルで作った表が2頁に跨がるような場合だ。    
    エクセル項目名
 このように、2頁目に見出し行がないと、個々のデータが何を指しているのか、いちいち前の頁を参照しなければ分からない。エクセルには、このように表が2頁以上に跨がる場合に各頁に見出し行を印刷する機能があるのだから、この機能を使うべきである。

 2頁目に見出し行がない表は、未だに、結構な割合で見かけるが、これだけは、ちゃんとしたいものである。

 なお、このブログはエクセルの解説書ではないので、見出し行を2頁目にも印刷する方法については、他のサイトを参照されたい。【頁ごとに印刷タイトルを挿入する方法

 今回の【改頁に注意】は、以前に書いた【スペースの弊害】や【検察官A出席・・・】と本質的には同じである。

 つまり、情報(一文字、一単語、一文節、一文、一パラグラフ)は、すべて、単独で存在するのではなく、他の要素と結びついて存在するのであり、結びつき自体は観念的なものであるが、表現するにあたっては、視覚的にも、その観念的な結びつきを反映したものでなければならない、ということである。

 さらに、上記の結びつきは、階層構造をなしており、その構造も、可能な限り、視覚的に構造を反映した表現になることが望ましいのである。

 また、この結びつきは必ずしも一次元的なものではなく、二次元的なものもあり、その場合は視覚的にも二次元的に表現したほうが、ずっと理解しやすいのである【期限内に提出・・・】。


「誤解」から学ぶ「分かりやすさ」の技術

主菜 : 十勝風焼肉              【日清医療食品㈱の広告(2014.5.19朝日新聞朝刊)】


 「十」が、漢数字であることは明らかなのだが、私は、加算記号のプラスと一瞬、誤解した。

 その原因は、直前に記号「:」があったため、その次に来る文字も記号かも知れないと思ったからである。普通は、一文字一文字読むわけではないので、「十」だけが目に入るわけではなく、次の「勝」も目に入っているはずなので、仮に、「記号かも知れない」と身構えたとしても、「十」を、記号のプラスと誤解することはないはずである。

 こういった一瞬の誤解をするのは、起きて間もない時間帯に新聞を読んでいる場合が多い。まだ、頭が十分に働いておらず、一文字一文字読むのに近いことをやっているからだと思う。

営業地域は、近畿2府4県及び岐阜県・長崎県に広がり 【近畿産業信用組合の広告(2014.5.19朝日新聞朝刊)】


 どうみても誤解しようのない文なのだが、私は、一瞬ではあるが、長崎県ではなく長野県と思ってしまったのである。

 その原因は、京都に本店のある金融機関が近畿全域から岐阜県にも広がった、ということなのだから、次に来るのは岐阜県に隣接する県であると思ったからである。そこで、「長」の文字が目に入った瞬間、長野県と思ってしまったのである。それが「長崎県」というのは、方角も反対だし、近畿から遙かに離れた県なのであり、私からすれば、フェイントを掛けられたようなものである。

 この誤解の原因は、もう一つある。元の文は、実は、「長崎県」の「長」と「崎」の間で改行されており、「長」を目にした時点で、「崎」が目に入りようがなかったからである。もしも改行がなければ、上記のように、次は岐阜県に隣接する県だろうと身構えていたとしても、「長野県」と誤解することはなかったはずである。

 このことから言えるのは、単語の途中に改行を入れないようにすべきだ、ということである。

 メールなどでは、一行の文字数を同じでなくとも、それほど違和感がないので、単語の途中での改行を回避することも容易である。

 他方、普通の文章の場合、一行毎の文字数を揃えざるを得ず、そうすると、単語の途中に改行が入る場合が出てくる。改行が入らないようにするには、その単語の前で、言葉を言い換えるなどして、文字数を調整する外はない。

 そうはいうものの、こんなことを、常に考えるのは大変なことであるし、これによって誤解を回避するという効果も、それほどに多くはない。

 要は、バランスの問題である。ただ、分かりにくさの原因の一つに単語の途中での改行があるということを意識していれば、単語の途中で改行するのが気持ち悪くなり、自ずと、改行を避けるようになるはずである。

 今日は、非常に細かい話を書いたが、自分が誤解しそうになったときに、徹底して、その誤解の原因を探っておけば、再度、似たような誤解をすることは少なくなるし、また、誤解を招くような表現も自ずと避けるようになるものである。

平成25年の所得証明と2012年の所得証明

 子どもの養育費の件で、ある弁護士と電話で話していたときの会話である。

平成25年の所得証明と2012年の所得証明があります


 誰だって、こんなことを言われたら混乱する。

 和暦なら和暦、西暦なら西暦で統一してもらわないと、理解困難である。

平成25年の所得証明と平成24年の所得証明があります


 これでも、少し引っかかる。

 時間の流れは、過去から未来に向かって流れている、というのが、普通の人間の感覚である。であれば、話も、過去から未来へという流れで展開したほうが理解しやすい。
 

平成24年の所得証明と平成25年の所得証明があります


 これで、だいぶ分かりやすくなったのだが、さらに、一工夫ほしいところである。
 

所得証明は、平成24年のと平成25年のがあります


 これなら文句ない。「所得証明」という言葉を二度も使う必要はない。二度目に「所得証明」と聞いた場合、平成25年のも「課税証明」ではなくて「所得証明」なのだな、と一瞬であるが、頭を使うのである。

 数学でいう結合法則である。 ax+bx=(a+b)x=x(a+b)

 数式に限らず、文章だって、文字式が展開されて同じ文字が何度も登場するより、因数分解をして文字数を減らしたほうが、頭に収まりやすいのである。

 さらに言えば、数式の場合、(a+b)x でも x(a+b) でも、どちらでもいいのだが、文章の場合は、一般に x(a+b) の方が分かりやすい。要するに、共通因数 x が先に出てきたら、聞き手、読み手は、「x についての説明が始まるのだな」と心の準備ができるからである。これが a が来て b がくると、何の話なのだろうという疑問を抱えたまま、x が出てくるのを待たなければならないのである。
 
 極端な話、 (a+b+c+d+e)x と x(a+b+c+d+e) を比べてみれば、上記のことを実感できるだろう。

 「平成20年と平成21年と平成22年と・・・」という話を聞かされるより、「所得証明は、平成20年・・」というふうに言われる方が、ずっと理解しやすいはずである。


フォントの話

 連日、ワールドカップ予選リーグの組合せだが、この表にも、「分かりやすさ」のための小さな配慮がなされている。

            ワールドカップ2014組合せ表

 まず、グループ名の「C」を見てほしい。背景が赤だと、どうしても黒は見にくくなる。そのため、フォントを通常の明朝体ではなく縦線の横幅が二倍くらいあるフォントを用いているのである。

 よく、ブログなどで、濃い色の背景に黒い文字、あるいは、薄い色の背景に白い文字を用いているのがあるが、読みにくいこと、この上ない。ただ、どうしても、背景に近い色を使わざるを得ない場合は、上の表のように、代替手段として、フォントの縦線の横幅が大きなフォントに変更するなどの対応が必要である。

                文字の色

 別に私は色彩デザインの専門家でも何でもないのだが、この程度の配慮はできるのである。要は、読み手のことに配慮する姿勢があるか否かの問題である。

 もちろん、ある程度のレベルから上は、専門的な学習なり、持って生まれた色彩感覚なりが、大きなウエイトを占めてくるのであろうが、実用的な文書であれば、その姿勢さえあれば、読みやすいデザインにすることは可能である。

 以前も紹介したが、【伝わるデザイン】というサイトを、ぜひ一読してほしい。

 あと、上の表では、8組ある予選リーグの組を識別するために、やむなく8色を使ったが、これは例外中の例外である。

 通常は、背景が白、文字が黒なら、これ以外に、1、2色というのが基本である。

 文字の色数

 パワーポイントなどでは、影付文字とか、様々な文字飾りが用意されているが、これらも多用すると、賑やかすぎて内容に集中できなくなる。文字飾りは、あくまでも、食卓に置かれた調味料と心得るべきである。せっかくの料理も、塩、こしょう、ソースと、目の前の調味料を全部ふりかけたら、台無しである。


ワールドカップ組合せ

 ワールドカップ開催まで、あと一月となった。予選リーグの組合せを表と地図にしてみた。

    ワールドカップ

 全部で8組ある予選リーグの組毎に地図を色分けした。地図が苦手な人には、「それがどうした」と言う感想を持たれる人もいるだろうが、私にとっては、これで、格段に理解しやすくなった。

 色分けにも工夫がある。日本は、やはり赤である。日本で作成される世界地図では、たいてい日本は赤である。その他の組は、その組で一番強いと思われる国のイメージカラーとした。なお、「一番強い」というのは、【FIFAランキング】は毎月変動するので、あくまでも、私の主観に基づくものである。

 イメージカラーと言っても普遍的なものではないだろうが、ブラジルが黄緑というのは、国旗やユニフォームの色からも異論がないだろう。

 あと、イギリス、フランス、スペインは、私が子どもの頃よく見ていた世界地図で、イギリスがピンク、フランスが肌色、スペインが黄色に配色されていたので、そのときのイメージが焼き付いているのだ。

 あと、緑色は、草原のアルゼンチンや、熱帯雨林のナイジェリアに相応しい。水色は酷寒のロシア、ブルーは冷静さ、あるいは、冷徹さをイメージさせ、ドイツに相応しい。

 また、地図中の表にも工夫がある。全て、国名は西から東へと並べている。だから、左二列は、ヨーロッパとアフリカ諸国となっている。その右の列は、ドイツを除いて、アジア・オセアニア・北中米の国々となっており、右端は、アメリカ、韓国を除いて南米諸国なのである。

 以前、【前列右から・・・】で、「多分、人は説明文を読みながら、頭の中に物の配置を再構築しているのだろうが、その際、説明文の順番が現実世界の物の配置と同じであれば、抵抗なく、それができるということだろう。」と書いたが、この表の中の国名の配置も、そのような考えに基づくものである。

 多分、こんなことを書いても、文字情報のみで理解するのが得意な人にとっては、何とも感じられないかも知れないが、図形情報に親しんでいる人には、多いに共感してもらえるのではないだろうか。



グラフ作成に際し考えるべきこと

 前回の記事【グラフの効用】で、弁護士人口とGDPの関係を示すグラフを掲載した。表に入力したデータからエクセルのグラフ作成機能を利用して作成したものだが、自動的に、このようなグラフができたのではない。エクセルが自動的に生成したグラフに加工を加えたものだ。

 昨今のSTAP細胞騒動で、「加工」というと余りいい印象を持たれないかもしれないが、今回の加工は、「捏造」でも何でもなく、単に、「分かりやすさ」を追求したものであることは、言うまでもない。

 さて、下記の二つのグラフの内、左が、エクセルで自動的に作成されたグラフで、右は、これを元に加工したものだ。

   弁護士人口-折れ線グラフ-オリジナル     弁護士人口-折れ線グラフ

 どう加工したか、なぜ加工したか、以下に説明する。

【1】 目盛り 

 目盛りがないと、グラフ上の点が、何年のデータであるかが、一目瞭然とは言い難い。ただ、縦の目盛り線を入れると、若干、煩雑な印象を与えてしまう。また、「全体の傾向を明らかにする」という目的からは、大体のところが分かればいいのだから、目盛りがなければ絶対だめだというわけではない。こういったプラスマイナスを考慮した上で、この場合は、目盛り線を入れた方がいいと判断した。

【2】 折れ線の色 

 元のグラフとは赤青を逆転させている。「弁護士数の増加」を印象づけるために、弁護士数の方を、より印象の強い赤にした。また、元のグラフは、赤と言っても若干くすんだ色をしているので、目立つように鮮やかな赤にした。

【3】 系列名・説明文 

 これは当然のことで、これがないと、読者には何も伝わらない。

【4】 マーカー(データを表す点)の形・大きさ

 元のデータは、系列1と系列2で、マーカーの大きさが違うので、これを揃えた。

 最近、【伝え方が9割】という本が評判になっているようだが、まさに、「伝え方が9割」である。

 なお、グラフの作成に関しては、【伝わるデザイン】というサイトが参考になる。また、このサイトは、グラフに限らず、「研究者や学生が、自身の成果やアイデアを正確にかつ効果的に聞き手(聴衆や審査員)へ伝える」ための技法を多数紹介してくれており、非常に参考になる。 

グラフの効用

 まずは、折れ線グラフと表を見てほしい。

弁護士人口-折れ線グラフ

弁護士人口-表


 どちらも、過去30年余りの弁護士数と実質GDPの推移を表したものであり、GDPの伸びに比べて、弁護士数が異様に増大していること、また、今世紀に入ってから、GDPは横ばいであるのに対して、弁護士数は2倍近くになっていることがわかる。

 ところで、折れ線グラフを見れば上記のことは一瞬で分かるのに対し、表を見て上記のことを読み取るには若干の時間がかかる。

 折れ線グラフは、情報量としては表に劣るが、「分かりやすさ」という点では表を圧倒しているのである。

 以前、【期限内に・・・】で、文章ではなく表で表現すべきだと述べたが、表よりも、グラフの方が、圧倒的に分かりやすいのである。

 ところで、こんな表やグラフを作成したのは、わけがある。

 ここ数年、司法修習を終了した新人弁護士の就職難が話題になっているが、これに関連して、「弁護士業界の困難は、多くの中小企業の経営や国民生活が困難になっていることの反映である」【ロースクールと法曹の未来を作る会】という主張を目にしたからである。

 新人弁護士の就職難の原因が過去10年の弁護士の急増であることは、太陽が東から昇るのと同じくらい議論の余地がないものと思っていたのだが、上記のような妄説を唱える人がいることに私は驚愕したのである。そこで、日弁連のホームページなどから基礎データを収集して、上記の表とグラフを作成した次第である。

 皆さんの廻りに、「弁護士業界の困難は、多くの中小企業の経営や国民生活が困難になっていることの反映である」と本気で思っている人がいたら、ぜひ、このグラフを見せてあげてほしい。

 
検索フォーム
プロフィール

「時間泥棒」仕置人

Author:「時間泥棒」仕置人
.

 玉石混淆の情報が溢れる社会の中で、効率よく、的確に、情報を取得し、提供するには、どうすればいいのか、ということを常に考えています。

 ところが、そんなことには無頓着な人も多いようで、読者に対する配慮の一欠片もない文章を目にすることがあります。

 難解な文章で読者の貴重な時間を奪ってしまう人達のことを、「時間泥棒」と名付けました。

 このブログは、「時間泥棒」を立派に更生させることを目的として開設したものです。

 記事を読んで、自分も「時間泥棒」かな、と思ったら、早速、改めて下さい。また、あなたの廻りに「時間泥棒」がいたら、あなたの力で立派に更生させてあげて下さい。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR